FC2ブログ






おたふく手袋 ボディータフネス デュアル3Dファーストレイヤー


 知人のばるさんに紹介されたインナーウエア。

 下着メーカーではその名をしられたおたふく手袋の製品だ。もともと作業員に向けた手袋を作っていたメーカーだが(今もそうだけど)その技術をインナーウエアにも活かして作業着の下で快適に着られるウェアを開発した。そのインナーの機能性が自転車乗りで評判になり、口コミでその評価が広がりメーカーもそのニーズに応える製品を作るという、お互いに幸せな関係が出来ているようだ。

 特に冬用のインナーウエアは評判がよく、厳しい天気で走る自転車乗りにはとても高い評価を受けている。
 そんなおたふく手袋が手掛けるブランド、BODY TOUGHNESSから吸汗インナーとして新しく発売されたウエア、「3Dファーストレイヤー」が非常に良いらしい。

 この手のウエアはファイントラックが第一人者で、名作スキンメッシュは登山者なら誰でも一度は耳にしたことがあるだろう。勿論使っている人も多いと思う。汗を生地の外に出して逆戻りさせず、汗冷えを無くすという発想は素晴らしく、またそれを実現させたスキンメッシュも素晴らしい製品だ。各メーカーも追随して最近ではミレーのドライナミックがそのド派手な見た目のインパクトもあって人気だ。

 さてBODY TOUGHNESSの3Dファーストレイヤーだが(商標大丈夫なのこれ)素材はポリプロピレンがメインだ。ポリプロピレンは繊維自体が保水しないため、非常に水離れが良く乾きも速い。それに薄いポリエステル生地を表面に合わせ、皮膚から吸い上げた汗を素早く表面に拡散させ汗戻りを防ぐ構造だ。ファイントラックとの違いはこのポリプロピレンの生地にある。(ファイントラックはポリエステル製)価格も代表的なウエアの約半額と嬉しい設定だ。

 自宅で水をかけて試した結果撥水効果はスキンメッシュには及ばないものの、吸水効果はとても高い。それに薄くて透けるという事がないのでこれだけでも走れそう。

 実走して試してみたかったのだが足首をけがしてしまったので使ってみるのはもう少し先になる。この手のウエアは期待値が高いので実際に使用してみるとそれほどでもと感じてしまうが、値段を考えて普段からガンガン使うものと思えばそれなりに効果があればよいかな。

 日々練成

aaa.jpg
 そこそこの性能があればいいかな。実際はこんなに透けてはいないw
  
[ 2019/07/02 06:43 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2426-418d25c9