FC2ブログ






脂肪酸とケトン体 ~糖質制限ダイエットの科学: 山本義徳 業績集


 1ヶ月走らなかったら体重が増えた。

 当然なのだけどそれまで走っていた分のカロリー消費がなくなったのでその分増えるのは当たり前だ。食事内容も特に変えていないので(むしろ怪我治療のために少し増やした)増えるに決まっている。

 増えた分は元に戻さないといけない。走る距離はまだ伸ばせないので食事で考えていく。となると総カロリーを減らすのが簡単だが、なるべく筋肉は維持したまま脂肪だけを減らしたいのは誰でも同じだ。このあたりの考え方は魑魅魍魎で王道の運動して食事を減らすから怪しいシャツを着るだけで痩せるというものまでなんでもござれだ。誰しも楽に痩せたいのは同じ。苦しい運動や辛い食事制限なんてしたくないのだ。

しかしNo pain No gain.
苦しみなくして得られるものはない。痩せたいなら相応の対価を払わないといけない。だがその中でも効率のいい減量というものはある。同じ辛さならより多く体重を減らせる方がいい。テレビやネットの広告だけを信じるのではなくて、より科学的な根拠のある方法をとるのが良い。それには正しい知識がないといけない。そこで山本義徳先生の書いた書籍をおすすめする。

 ボディビルダーでもありスポーツトレーナーでもある山本先生の書いた書籍は多くあり、中でも業績集は各栄養の解説からトレーニング方法まで項目ごとにとても詳しく書いてある。専門的な内容も含まれるのである程度はトレーニングをして、基本的な知識もあるとより理解しやすいと思う。(ようするに初心者向けではないかもってこと)
 
 減量に入る前にちょっとだけお勉強してみるのはどうだろうか。今まで何となくやってきた事の正否や根拠となる事が見つかるのは間違いない。(僕もだけど)

 日々練成

sgsgs.jpg
 kindle版がおすすめ。

[ 2019/07/10 06:13 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2434-446b0c1f