FC2ブログ






将棊頭山~木曽駒ケ岳 年越し登山


 男澤さんからお誘いを頂いて将棊頭山直下にある西駒山荘で年越し登山をすることに。
 メンバーはトランス関係のみなさん。どんな楽しいことが起こるのかずっと楽しみだった。

 30日に駒ヶ根入りして前夜祭。(当然飲み過ぎて二日酔い)31日朝8時頃に桂小場の登山道を出発する。天気は曇り。上は少し降っているかも。今回はスキーではない通常の登山なので70Lザックに荷物がパンパンだ。(食料と酒が殆どだけど)
 登り始めから雪は全くなく、秋の登山のような雰囲気。標高を上げても雪の気配はない。おおたる小屋で小休止。少し雪が出てきた。しかし荷物が重い!ベルトが肩に食い込んで痛いし、二日酔いで調子も出ない…。どうにか皆に遅れずついていく。2100ぐらいから雪景色になるがラッセルというほどではない。

標高を上げるとそれなりに雪が出てきたので先頭交代しながら登る。稜線手前でフル装備。稜線に出ると暖冬とはいえ厳冬期のアルプスらしく風が強い(それでも10m前後)気温もマイナス7~8度ぐらい。夏道を外れて稜線を進む。ほどなく将棊頭山山頂到着。そこからすぐで西駒山荘だ。

 冬季小屋は入り口を掘り起こさないと入れないので皆で掘り起こした。中に入ると多少雪が吹き込んでいるけど7人もいればすぐに除雪も終わった。あとは宴会準備をして各自持ち寄った食材で豪華な宴会開始。中でも高田さんが担ぎ上げたタコ焼きセットがすごい。家でやってもこれ以上はないというたこ焼きを焼き上げて大盛り上がりだ。(高田さんはジンギスカンの鉄板も持ってきていた。すごい)

 男澤さんのラジオから紅白歌合戦も始まり、大晦日という雰囲気MAX。ゆく年くる年で年明け。あけましておめでとうございます。新年を祝ってお酒を飲んだら後片づけをして就寝。小屋は快適で全く寒くなく朝までぐっすりだった。

 元旦の初日の出を見たら餅をいれた雑煮を皆で食べて小屋を掃除。
 昨日と違って雲一つない快晴のもと木曽駒ケ岳に向けて出発。アイゼンが良く効いて踏み抜きも少なく快適な稜線歩行だ。木曽側からの風が強かったが冬のアルプスはこんなもんかな。2時間ほどで木曽駒ケ岳到着。みんなで写真を撮って初詣。ここからロープウェーまで歩いて無事下山した。

 年末年始の二日間を山で過ごすという贅沢な経験が出来て楽しい時間だった。久しぶりに山スキー以外の冬山だったけどこれも悪くない。また機会があったらやってみたいな。

 参加されたみなさんお疲れ様でした。最高に楽しかったー!

 日々練成

received_2555742964669757.jpg
 初日はそこそこ荒れていたけど皆元気!

received_1001803596869526.jpg
 標高2700mでまさかのタコパw高田さんすげーぜ!

received_2632903010139585.jpg
 将棊頭山で信濃錦将棊頭を飲む。これぞ信州の大晦日。そして年越しには梵が欠かせない。

received_578480486042153.jpg
 二日目。朝焼けの中快適な稜線歩き(寒かったけど)

received_757175278143266.jpg
 木曽駒ケ岳山頂にて。たくさんの人で賑わっていた。
[ 2020/01/02 06:11 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2609-f6215ca8