FC2ブログ






おたふく手袋 寒暖両用インナー オーバーザファンクション 厳冬期アルプスレビュー


みんな大好きおたふく手袋さんのインナーウェア。
今回は大阪の偉いおっちゃんの協力で寒暖両用インナー オーバーザファンクションの長袖を厳冬期のアルプスで試してみた。

コンディションは厳冬期の中ア。気温は稜線でマイナス10で風速は10m前後。冬季小屋は室温マイナス5度前後。(夜はもっと冷え込んだ)
装備はおたふく手袋さんの3Dデュアルメッシュの上に寒暖両用インナー オーバーザファンクションを重ねて、稜線ではその上にゴアテックス3レイヤーのハードシェルのみ。小屋ではモンベルの化繊ダウンのみという状況。

結果的に下山までウェア内で寒さを感じることは無く、行動中も暑さで脱ぎたくなる事はなかった。オーバーザファンクションが適度に温度調節してくれて、デュアルメッシュが汗冷えを防いでくれたのだろう。

オーバーザファンクションは程よく温度調節が効くという印象。よりハードな環境では調節範囲をオーバーしてしまうだろうが、今回のような環境では適応範囲だったと思う(個人差はあります)キツイ登りで汗ばむ状況でもアンダーのデュアルメッシュが上手く汗を逃がしてくれて肌が濡れて冷えることはなかった。

結果的にこの組み合わせはとても優秀だ。今回のコンディションで体幹が冷えを感じないのは凄い事だと思う。もちろんもっと暖かさを求めたいなら選択肢はたくさんある。しかし行動中のウェアとしては僕の中で今後ファースチョイスになることは間違いない。

尖った性能のウェアはたくさんあるが、行動中のウェアの選択肢はかなり難しい。寒さに強ければ暑さに弱い。逆もまた然り。適度な温度調節ができるウェアというのは冬季山行においてかなり需要があるのではないかと思う。

良いことばかり書いたがもちろんデメリットもある。あくまで適度な温度調節であって、より寒い、暑い環境では性能不足になるだろう。自身の寒さ暑さの感じ方やリミットを知ってるからこそ、山で生きてくるウェアだと思う。

何にせよこの価格でこの性能は登山において優秀だ。今後どんどん普及していくだろうと思う。高いから良いというのは全てに当てはまるわけではない。ネームバリューにお金を払う前に、安くて良い性能のウェアを探すのもまた登山の楽しみの一つかもしれない。

日々錬成

20200105201257209.jpg
千畳敷カールにて。デュアルメッシュとオーバーザファンクション着用。
[ 2020/01/05 20:14 ] 道具 | TB(0) | CM(2)

以前のコメントが反映されていないと思って、またしてしまいました。
同じ事を書いたので削除をお願いします。
大変失礼しました。
[ 2020/01/05 20:58 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

おかん さん

いえいえ、コメントはいくら頂いても嬉しいです!また遊びに来てください!
[ 2020/01/05 21:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2612-6b29f0b0