FC2ブログ






安達太良山 山スキー くろがね小屋泊 その1


 昨日は安達太良山へ山スキーでした。
 朝10時に安達太良山スキー場を出発。スキー場のパトロールにゲレンデの歩行について確認すると、ゲレンデの端っこなら歩いても構わないとのこと。登山者だということがわかると何人もパトロールの方や近くを歩いていた人が集まってきて登山道へ一番効率のいいゲレンデや登山道の雪の状態、気を付ける箇所などを丁寧に教えてくれた。とうほぐの人達は優しいなあ。

 ゲレンデ脇を邪魔にならないように登り、1時間ほどでロープウェー駅に着いた。雪は固く、そして少ない。登山道入り口から藪が出て進みにくいが、五葉松平を過ぎると雪も増えてきた。安達太良山山頂が見えてきてテンションがあがる(山頂は乳首というらしい)風もなく、素晴らしく良い天気。ゲレンデから2時間ちょっとで山頂到着。山頂には多くの登山者が登ってきていた。そして展望が凄い!どれも半分から下は雪が少なく茶色なのが残念だけど、それでも福島の山々が見渡せた。遠く会津駒ケ岳も見える。冬の安達太良山は登頂率が3割ほどらしく、こんな天気が良いのはシーズン数回だと登山者から聞いた。良い日に登れてよかったー。

 山頂を楽しんだら滑降準備。那須から来たという山スキーヤーとお話しをする。今日はモナカかガチガチで滑りは難しそうだとのこと。僕も無理はせず山頂から北にある牛ノ背付近から柔らかそうな雪質の斜面を選んでドロップ。しかしこれが失敗だった。柔らかそうに見えたのは表面だけでその下はガチガチに凍っていた。エッジを立ててゆっくり高度を落とし、途中から緩んだ雪を見て1本だけラインを引いた。僅かな距離だったけどこれでも満足だ。那須の山スキーヤーの方は何度も来ているらしく良いラインを選んでいた。さすがだな。

 今日はくろがね小屋泊まりの予定なのでそのまま小屋まで降りる。実は営業小屋に泊まるのは登山を始めてから初めての事。このくろがね小屋、60年以上の歴史があるのだけど、老朽化により今年建て替えになるらしい。全国からファンの集まる温泉かけ流しの山小屋に一度泊まってみるのも悪くないと思ったのだ。

 小屋に到着して着替えをしたらまずは温泉。源泉かけ流しのお湯は牛乳のようだ。泉質は控えめに言って最の高。これに入ってしまったら日帰りは無理っす…。小屋もストーブが明々と燃えて暖かい。下から持ち上げたお酒とツマミを出して宴会スタートだ。

 その2へ続く…

 日々練成

IMAG0204.jpg
 スキー場トップから高度を上げると雪も増えてきた。

IMAG0205.jpg
 ほんとうの空

IMAG0217.jpg
 安達太良山登頂!良い山です。

IMAG0218.jpg
 くろがね小屋(初の小屋泊まり)
[ 2020/01/27 18:28 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2633-e5be3b23