白山(中宮道~御前峰~大汝峰~岩間温泉)

 行ってみたかった白山へのルートでも屈指のロングコース中宮道。登山口に到着したのは仕事明けで昼過ぎの行動開始となってしまった。
 今回は行動日に上空を前線が通過するので天候が崩れるのは織り込み済み。TJARのトレーニングも兼ねてビバークトレもする事にした。合わせてコースタイム16時間、20kmオーバーのロングコースでどれだけスピードトレーニングが出来るかも挑戦してみる。
 
 13:30 中宮道登山口 
 殆ど人が通らないらしく登山道は踏み後が下草で隠れかけている。尾根取りつきの急登を登る。汗が噴き出る蒸し暑さだ。今は晴れているが直ぐ雨が降るだろう。30分程で尾根上へ。アップダウンを繰り返しながら標高を徐々に上げていく。

 IMAG0946.jpg
取りつきは例によって急登。見た目から人が通ってないっぽい。
 
 14:53 しなのき平ヒュッテ
 案の定雨が降ってきた。開けた稜線から笈ヶ岳が見えた。おお、特徴的なシルエットは直ぐわかる。
 避難小屋は中を覗いてみるが誰もおらず。スルーして先を急ぐ。時折雨が強く降り、蒸し暑さが倍増する。登山道は所々隠れている。相変わらずのアップダウン。暑さもあってなかなかスピードが出ない。

 IMAG0947.jpg
特徴的な山容。マッハさんと笈ヶ岳に行った時は真っ白だった。
 
 16:10 ゴマ平ヒュッテ
 避難小屋の中では大学生のパーティが夕食の準備をしていた。水場で水を補給。冷たい水が美味しい。
直後の急登を登り切ると火の御子峰が見えた。初めて正面から見るがまさに火の御子のような荒々しい崩壊した山肌が大迫力だ。是非行ってみたい。雨は小康状態で太陽が覗く。

 IMAG0948.jpg
火の御子峰という名前だけで興奮する。是非登頂してみたい。ミコミコニャーン!!

 17:28 北弥陀ヶ原稜線
 白山主稜線へ続く北弥陀ヶ原が美しい。ここからは傾斜も緩み一気にスピードを上げる。ガスが谷から上がってきて天候は悪化。ほどなく雨が降るだろう。
 IMAG0949.jpg
稜線を走る楽しみはこれがあってこそ。

 17:38 北弥陀ヶ原 お花松原
 ゼンティカ(ニッコウキスゲ)の群生が凄い。一面オレンジ色に覆われている。コバイケソウは枯れているが、時期をずらしてゼンティカが咲き乱れている。ここまでの群生は見た事がない。思わず足が止まった。

IMAG0950.jpg
上手く撮影出来てないですが本当に素晴らしい群生でした。
 
 18:30 ヒルバオ雪渓
 翠ヶ池を左手に見ながらコルへ続く急登を登る。もうガスに覆われ始めて視界は悪い。稜線上はガスと強風だろう。太陽は山影に沈み暗くなってきた。

  18:45 コル分岐
 完全にガス。風も強い。日は落ちてヘッドライトとダウンライトで視界を確保。ガスが濃すぎてヘッドライトはあまり役に立たないのでダウンライトをメインに行動する。地図は頭に入っているので方向を確かめてすすむ。この辺は分岐が多い。

 19:02 室堂
 暗闇の中に白山神社の明かりが見えた。室堂到着。ひっそりとしてすでに明かりは消えて消灯らしい。建物内で天候情報を確認。やはり今夜から朝方にかけて崩れるらしい。
 
 19:42 南竜ヶ番場
 テント場の受付を済ませる。こちらは室堂と違って大勢の宿泊客で賑わっている。遅い到着にもかかわらず小屋の方には親切にしていただいて感謝。

 20:00 テント場
 ビバーク準備。水を汲んでシェルターを設営。中に潜り込むと風が強くなってきた。明日の帰り道を考える。携帯食料(柿の種)で夕食を済まる。ずぶぬれの靴とソックスを脱いで足を乾かす。マメが出来ないように気をつける。22:00にはヴィヴィに潜り込む。中は狭いが数時間の休憩と思えば快適だ。密閉しているので暫くすると息苦しくなる。少しファスナーを開けて換気。そのうち雨がぱらつく。構わず目を閉じて寝る。裸足の脚が冷たい。
 深夜に一段と風が強くなり、大粒の雨が吹きつけてきた。シェルターが揺れるが倒壊の心配はなさそうだ。そのうち雨が縫い目やファスナーから侵入してくるが想定通りなので気にせずに目を閉じる。冷えてきたのでヴィヴィのフードを絞って保温。
 明け方に目が覚め、ヘッドライトをつけると床に水たまりが出来ていた。雨は止んでいるが風は強い。気温は8度。ポールを差し込むグロメットに水を誘導して外に逃がす。そろそろ起きだし、携帯食料でカロリー補給、撤収準備。

 IMAG0951.jpg
ピンボケじゃないんです。ガスで写りません。

 21日 5:40 行動開始
 ガスと強風で冷えるが、薄手のジャケット一枚だけ着て後は昨日のまま。ずぶ濡れのままの靴とソックスを履いて出発。濡れた下草ですぐに靴の中は水溜りが出来た。
 白山に来たからには勿論山頂まで。御前峰に登頂して奥宮に参拝。その後室堂から大汝峰を目指しここでも参拝。しかし風とガスが厳しい。体温が奪われる。動いて体を温める。七倉山から楽々新道方面にルートを取って下る。小桜平避難小屋まで下りると雲を抜けて日が出てきた。避難小屋は建て替えられたばかりで真新しくとても綺麗だった。傾斜が緩いのでスピードを上げる。

 IMAG0959.jpg
 ナイストレイル

IMAG0960.jpg
 楽々新道入り口 案内標柱新設しましょうぜ!
 
 10:39 岩間温泉への舗装路
 7:10分に室堂を出発して約3時間半。途中大汝峰に寄り道したがまあまあのタイムか。ここから中宮温泉まで約10kmのロードを走る。下界は太陽が照りつける灼熱のロード。ザックのウエストポケットが途中で開いていたらしくゼリーを落としてしまっていた。残り少ないカロリーが・・・。岩間温泉でドリンク一本購入。これでロードを走り切れるか。延々と続くような林道を歩くようなスピードで走る。スーパー林道に合流してからは少しスピードも上がって上り坂も頑張る。白山ウルトラマラソンもここを走るんだなあ。

 IMAG0962.jpg
灼熱ロードをひた走る。きつかった。

 12:15 中宮温泉
 駐車場到着、ゴールです。最後のロードが地味に効いた。登り中宮道5時間半。下り楽々新道3時間半のタイムでした。まあまあでしょうか。ビバークトレも出来たし今回はいいトレーニングとなった。

 悪天候で視界不良の夜間行動や雨の中でのビバークなどいい勉強になった。今回はスピードに拘ってみだけど、次は何泊かビバークを混ぜて長距離を移動してみたい。

 日々練成


 
[ 2013/08/21 17:48 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(4)

今年はどこもニッコウキスゲやコバイケソウがスゴイみたいですね

最後の灼熱ロードはキツそうですね~
想像しただけで倒れそうです(゚Д゚;)

悪条件の中、お疲れ様でした!


[ 2013/08/22 20:54 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし


>マッハさん

いつもコメントありがとうございます。

いやーコバイケソウとニッコウキスゲは花も大きいので群生してると見ごたえありますね。一面オレンジで本当に凄かったです。

ラストのロードは暑くて暑くてやばかったです。水もカロリーも無い状態だったので、ゴールした後のコーラの事を考えて走りました。
[ 2013/08/22 22:30 ] [ 編集 ]

みさごさん おはようございます

凄まじいですね 素晴らしい体力とモチベーションで驚きです。
確実に、やま細胞が進化していますね。
[ 2013/08/23 11:51 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし


>kou さん

いつもコメントありがとうございます。

まだまだ足りない事ばかりで日々練成です。もっと上を目指して進化しないとだめですね。
頑張ります。
[ 2013/08/23 19:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/315-d8981c37