OSJ氷ノ山トレイルレース2013


前日に高速で一緒に出場する知り合い(T君)を拾って一路兵庫県の香美町へ。途中買い出し等をして15時半に受付である小学校に到着。
そこそこ人はいたがサッと受付終了。大会のTシャツを貰う。17時から説明会&前夜祭なのでそのまま待機し体育館の中へ入って説明会に参加。どうやら距離は当初の予定より若干伸びているらしい。OSJの大会は距離表示が適当で有名らしいがこの時はあまり気にしていなかった。30分程で説明は終了し、その後は前夜祭的にジュースで乾杯。他の参加者とお話した。スタート場所は車で5分ほどの場所なので、早めに場所を確保するため早々に切り上げてスタート会場へ向かう。

hyounosenIMAG1094.jpg
受付会場にはプロトレイルランナーの石川弘樹さんて人がいたらしいけどあんまりよくわかりません。

18時過ぎにスタート会場到着。まだ車はまばらなので端っこへ停めてT君のテントを設営。まだ雨は降っていないが、深夜から間違いなく降って来る予報なのでコンクリブロック等で張り綱をしっかり固定。ささっと夕食を済ませてその後ゼッケン付けやザックの準備。明日は3時起きとして20時には僕は車で就寝。

23時頃目が覚めるがポツポツと雨が降ってきたようだ。3時起床、外は雨が降っている。お湯を沸かして朝ごはんをたっぷり食べる。4時過ぎになると回りも起き出したようだ。ウェアで悩むがいつも通りの格好とした。スマホで予報を見ると昼前には何とか雨も上がりそうなので雨具は持たずウィンドジャケットだけで行く事に。

hyounosenP1020439.jpg
スタート前。予報通り雨。ほぼ全員レインウェアです。

hyounosenP1020440.jpg
防寒用装備に身を包んでスタートへ。

5時から荷物チェックが始まる。雨は依然として降っている。意を決して5時15分にチェックを受ける。ここでT君とはぐれて以降ゴールまでは別行動になった。

しばらく建物の軒下で雨を避ける。5時45分。スタート整列が始まる。ギリギリまで雨を避けて列に並ぶ。結構雨後ろの方で僕の後ろには100人もいなかったようだ。

6時。雨のせいか盛り上がりイマイチでスタート。
最初はスキー場の温泉街を走っていく。結構坂があるが頑張って走る。4km程ロードを走るとスキー場の中へ入っていく。夜は明けていてヘッドランプは最初からいらず。ここまでの坂で結構抜いたが、半分にはいるかな?
hyounosenP1020442.jpg
さあスタート。

7時 鉢伏山~赤倉山(氷ノ山越)
登山道の階段を登ると水のエイドが。ここでペットボトル1本を貰う。そのまま鉢伏山山頂へ。雨は上がったが風が強い。展望はゼロ。ひたすら登って走る。雨に濡れたゲレンデの草地は滑りやすく、粘土質の土は更にぬるぬるで何人もの選手が下りで転倒していた。何個かピークを越えて稜線を走っているみたいだが一面ガスでイマイチ位置が掴めない。赤倉山への下りで僕も足を滑らせ盛大に一人バックドロップをかましてしまった。両手が泥まみれになる。

8時18分 第一関門 (約12km)
かなり余裕を持って第一関門到着。チェックを受ける。エイドも併設されていて、小さく切ったパワーバーやグミをいただく。トイレを済ませ、泥だらけになった両手を洗ってスタート。空は少し明るくなってきたか。
1km程ロードを走っていよいよ長い長い林道へ。ここは絶対に歩かず走ると決めていたので上り坂でも歩かずに何とか6分/kmを維持して走る。何人もの選手を抜くが、下りになると追いつかれる。下りが苦手な僕はスピードが出ないが、その分登りでは負けないので登りで追いつき、下りで抜かれるという事を何度も繰り返した。

hyounosenP1020443.jpg
雨は上がって少し景色が見えだす。

10時17分 シブキ山エイド(約33km)
何とか歩かずに林道を走り切り、シブキ山のエイドへ。ここで初めて順位がわかる。何と60位後半。目標は半分から上でいいのに早過ぎるか。しかし体は調子もいいし無理もしていないのでこのままで行く事に。
再びトレイルへ。扇ノ山稜線までの登りでは登山者に応援を受ける。ありがとうございます。稜線を走りるが風が強く、再び振り出した雨で体が冷えたのか少し調子がおかしい。スピードも上がらず力が入らない。補給はしたばかりだし、エネルギーは足りているので原因は体温低下だろう。上山高原のエイドでコーラを頂くと同時にウインドシェルを着る。少し走ると体温が上がって元気が出てきた。これで大丈夫。第2関門までのトレイルは一気に飛ばした。

hyounosenP1020444.jpg
雨とガスと風で体が冷える。視界も良くない。厳しい区間だった。

12時 第2関門(約40km)
ここでもパワーバーとグミを頂いて補給。ザックの腰ポケットへジェルを移動させ、ウインドシェルを脱ぐ。コーラを頂いて出発。順位は少し下がったがまだまだ余裕。ここから川沿いにロードを走る。登りもあって厳しいが、調子は良く3人程抜いた。

hyounosenP1020446.jpg
雨上がりの登りロード。前後に人が少なく、本当にコースが合っているのか不安になる時があった。

12時42分 予備関門&エイド(約45km?)
ライトチェックの予備関門へ。ライト点灯時間は16時なので余裕で通過。(ここで現在49km地点と言われる)
ここから噂の滑落者続出といわれる登りへ入る。畑横の急登を登ると沢沿いに急ごしらえの登山道と呼ぶにはあまりにも頼りない幅30cm程の段差を歩く。足元はドロドロなので滑ったら泥まみれで沢まで転がるだろう。
しかも急峻な道なき登りが連続する。踏み跡はぬかるんで足を乗せるだけで滑り落ちる。草木につかまって文字通り這い上がる。(後続では滑落者も出て待機していた救助隊員が救出したらしい)

hyounosenP1020447.jpg
一番状態のいい場所。これ以外は掴まっていないと滑り落ちそうだった。

hyounosenP1020448.jpg
急登で足場がドロドロになって崩れている。滑りまくり。

13時19分 エイド(約47km?)
お湯だけのエイドでお湯を頂く。ここで距離を聞くがなんと45kmだという。さっきは49kmで距離が減ってどうすんの。スタッフは「OSJの大会ですから」って・・・。文句いってもしょうがないので先を急ぐ。ここからまた長い林道を走る。次のエイドまでは10kmといわれ目安を付ける。林道では数人を抜いた。

hyounosenP1020449.jpg
雲が低く雨が降ったり止んだりを繰り返す。長い林道は孤独だった。

hyounosenP1020450.jpg
山守・・・?

14時40分 エイド(距離不明 約56km?)
明らかに距離が10kmではない長い長い林道を経てエイドへ。13km以上はあった。エイドでコーラを頂く。ここで順位は53位。上位一割には入れるか。身体の調子は悪くない。村の中を一気に下って最下部へ。ここから第3関門まで試練の登りロードが5km続く。ここが一番きつかった。

hyounosenP1020451.jpg
対面に見えるロードが下ってきた道。

hyounosenP1020452.jpg
きつい登りが続く。

15時45分 第3関門 (距離不明 約63km?)
最後の補給。ゴールまでは10kmは切っているだろうから後は無理せず行くだけ。コーラをたらふく頂いて大声援を受けて出発。51位。

スキー場の頂上まで登りが続く。走ったり歩いたり繰り返して途中2人組を抜く。途中の誘導員が教えてくれる残り距離も増えたり減ったり全く当てにならず。先へ進むしかない。30分ほど登るとピーク部分へ。ここからは下るだけ。ゲレンデを疾走する。標高950mから一気に500mを下る。誘導員の「ラスト1kmです!」は2回程聞いた。
温泉街へ帰ってきた。前後のランナーとハイタッチしてラストスパート。ゴールゲートが見えた。声援が嬉しい。ナンバーと名前がアナウンスされてラストは「punch in the sky!」のポーズでフィニッシュ!

hyounosenP1020454.jpg
ゴール!頑張りました。

hyounosenP1020456.jpg
目標は完走&出走者の半分より上だったので上出来です。

速報順位は総合48位、10時間45分。無事目標達成です。上位1割というおまけもついて上々の結果だ。ゴール後は前後を走っていたランナーと健闘を湛え合う。
振る舞い鍋を頂いていると女性ランナーに声を掛けられた。先月の白山ウルトラでも走っていたMさんじゃないですか!流石の鉄人っぷりです。マジで凄い人です。

hyounosenP1020457.jpg
Quteな女性4人組。鍋美味しかったです!ごっそさんした!

hyounosenP1020460.jpg
泥だらけのラプターとゲイター。頑張ってくれました。

冷えてきたので着替えてT君を待つ。気温が下がりそのうち雨が降り出してきた。走っているランナーは寒いだろう。待っている間は沢山の方とお話出来て良かった。色々他のランナーと話を聞くと距離は80km弱あったらしい。そりゃ計算合わないはずです。
2時間待つがT君は来ない。何かあったのだろうか。本部に関門通過者を聞いてもわからない。そのうちT君から連絡が入り、残念ながら第3関門でリミットになってしまい、現在バスで回送中だという。残念だが仕方ない。
レースはリミット10分前に最後のランナーがゴールして終了となった。T君もバスで到着。

途中何度か仮眠して高速道路のSAでT君と別れる。残念だったけど是非次回はリベンジして欲しい。
別れた後僕は猛烈に腹が減ったので深夜のSAでカツカレー大盛りを平らげて車内で仮眠。気が付いたら6時だった。その後無事帰宅。

IMAG1096.jpg
泥だらけのキュゥべぇも洗濯して綺麗になりました。

体にダメージはそれほど無いがやはり下半身は色々痛い。しかし予想以上の過酷なコースは厳しかった。泥だらけのシューズが厳しいコースを物語っている。色々反省点はあるが、まずは目標達成出来て良かった。これでTJARへの参加条件は全て満たした事になり、晴れて書類を申請出来る。

今シーズンは本当に良く走りました。まだまだトレーニングが足りないので冬も頑張ってトレーニングします。

これにてOSJ氷ノ山トレイルレース2013 終わりなのですよ。

日々練成
[ 2013/10/21 17:49 ] 大会、レース | TB(0) | CM(10)

ホントおつかれさまでした
TJARの条件クリアおめでとうございます
ゴールしてから長時間待たせてしまい申し訳ないです。タイムアウトしたけど70キロくらい走れたので自分としては貴重な経験になりました
これからまた体力をつけなおして来年のシーズンがんばりたいです

[ 2013/10/21 21:14 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> まさきち さん

お疲れ様でした。完走ならず残念でしたが、最長距離を走れたのは成長の証だと思います。次は必ず完走できますよ!
[ 2013/10/22 20:14 ] [ 編集 ]

お初めまして。

みさごさん、初めまして。山ガール(と自ら言うのは大変おこがましい)の青レンジャーです。先日はブログご訪問ありがとうございました。さっそく、みさごさんのブログ全集を読ませて頂きました。

とにかく凄いの一言ですね。2014年のトランスジャパンアルプスレースに出場予定だそうで。青レンジャーには想像しがたい過酷なレースですが、ぜひ頑張って下さい。来年のテレビ放送チェックします~。

氷ノ山トレイルレースお疲れ様でした。あまりお天気がよろしいとは言えない中、11時間もかからずに80㎞を走れるなんて。。。みさごさんには体脂肪率という無駄なものは一切なさそうです。。。やはり毎日の訓練のたまものでしょうか?

みさごさんは早〇先生とお知り合いなんですね~。青レンジャーの山仲間(と言っても2、3人)の間では有名です。お会いしたことはございませんが、時々HPを拝見しております。冬の白山日帰りをされていて、凄いな~と思っていましたが、みさごさん達は普通にされているんですね。。。恐れ入ります。。。

ところで、最近、魔法少女は流行りなんでしょうか?
[ 2013/10/22 21:44 ] [ 編集 ]

Re: お初めまして。

> 青レンジャー さん

訪問&コメントありがとうございます。
百名山登頂、順調のようですね。もう冬山になってしまうのでしばらくはお休みでしょうか?今年は近くの山で冬山デビューなどいかがですか?

TJARはまだ書類条件を満たしただけで審査を通るのも怪しい状態です。大会上位入賞者クラスがゴロゴロ出場するのでなかなか厳しいですが頑張って出場、完走を目指します。応援ありがとうございます。

氷ノ山トレイルは噂通りのドロドロコースでした。表示距離の曖昧さに苦労しましたが、完走出来て良かったです。ちょっとはトレーニングの成果が出たかなと思います。

Yasuhiro先生とは自転車で何度かご一緒させていただきました。そのモチベーションやバイタリティー、何事にも全力で挑む姿勢、なにより常にイノベーターで有り続ける姿にとても刺激を受けております。他人の足跡ばかり踏んでいては自らの成長は無いと感じます。
冬の白山は素晴らしいです。真っ白なその姿はまさに神々の頂でした。今年も頑張って登りたいと思います。

魔法少女は永遠です!常に時代と共に有り続けるのです!
[ 2013/10/23 08:18 ] [ 編集 ]

はじめまして

初めまして、こんばんわ
先日の氷ノ山トレイルレースに参加していて、みさごさんのスタート前の写真(上から3枚目のかな?)を撮った者です。
キュゥべぇの印象が強くて検索したらブログがヒットしたので読ませてもらいました。

完走おめでとうございました。
僕は残念ながら第三関門でタイムオーバーになってしまいました。
みさごさんが書かれてるように距離が曖昧だった為に時間配分が分からず時間切れになってしまったパターンです。
もしかしたらご友人のTさんと同じバスに乗っていたのかもしれませんねw

今回はOSJの距離表示に憤りは感じるものの、自分の不甲斐なさを痛感した苦いレースになってしまいました。
これからまた精進していきます。
いつかまたどこかのレースでキュゥべぇを見かける事がありましたらお声をかけさせてもらいますね。
これからも頑張って下さい。
[ 2013/10/23 23:27 ] [ 編集 ]

めかさん、訪問ありがとうございます。

> めか さん

訪問&コメントありがとうございます。

わざわざ検索して頂いてありがとうございます!スタート前で忙しい中写真を撮っていただきありがとうございました。快く引き受けてくださったのを覚えています。

関門タイムオーバーとのことで残念です。おそらく第三関門前のエイドと第三関門までの距離がかなり長かったようです。第三関門で切られてしまった人が多いのもこれが原因でしょうか。大きな運営なので重要な距離表示はしっかりしてもらいたいものです。

雨で路面はかなりのバッドコンディションの中、本当にお疲れ様でした。この経験は必ず次に活きてくると思います。僕は2回目のレースですが、1回目は発熱体調不良で40kmながら6時間以上もかかってしまい情けなく思いました。そのリヴェンジも含めての今回のレースでした。

キュゥべぇも少しは役にたっているようで嬉しいです。必ずまたどこかでお会いしましょう!
またブログにも遊びに来てください。お待ちしています。
[ 2013/10/24 00:27 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/07/13 18:08 ] [ 編集 ]

Re: いつも楽しく読ませていただいています

> 長野県在住 さん

 訪問&コメントありがとうございます。
 コメントが非公開になっておりましたので、ここでの回答は控えております。公開でもよければコメントください。非公開がよろしければ、トップに書いてあるアドレスにメールいただければと思います。お手数おかけしますがよろしくお願いします。
[ 2017/07/13 20:20 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/07/15 17:54 ] [ 編集 ]

Re: メールアドレスを教えて下さい

> next さん

 zax5m3@gmail.com です。よろしくお願いします。
[ 2017/07/16 18:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/375-99ef9160