氷ノ山トレイル裏話2 

コースは公称71kmと言われていたが前夜の説明会では75kmまでは行かないけど伸びているらしいとの事だった。
だが実際走った多くのランナーの話ではGPS計測で80km前後。おそらく78~9kmが実際の距離らしい。多少の誤差はあるだろうが、10km近い誤差は誤差とは呼べないだろう。トレイルで10km違えば1時間近くタイムも違ってくる。目安としていた関門時間にも間に合わない選手もいただろう。

大会において距離は最も重要なファクターの一つなのに、「OSJの大会は距離が曖昧ですから~」などと言うスタッフがいるのにも驚いた。実際に走っている選手はたまったものではない。地元ローカル大会ならいざ知らず、ここまで大きく運営しているのなら正しい距離表示は最低でもしてもらいたいものだ。

明日から会社の研修旅行。広島に行くが台風の影響をモロに受けて雨雨だろう。全く雨と分かっていて旅行に行くのも辛い。

日々練成
[ 2013/10/23 20:37 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

今回のOSJのレースで、距離があいまいなレースがいかに苦しいかを痛感しました。次回OSJのレースに参加するときは距離表示プラス10キロ走るつもりでエントリーしようと思いました
[ 2013/10/24 20:10 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> まさきち さん

常に余裕を心がけるのもレースに出るうえでは大切なのかもしれませんね。
[ 2013/10/25 22:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/377-19a2a952