越前甲山スキー

何気に今年初登りは越前甲で山スキー。

ソロのつもりだったが前夜マッハさんから連絡があって二人で行く事に。しかし朝4時に緊急連絡があり非常招集がかかってしまった。なんてこったい。仕事はこんなもんです。職場へ行って結局6時半まで仕事になってしまった。5時出発の予定がかなり狂ってしまった。雪道を慎重に飛ばして横倉へ急ぐ。林道除雪終点に着いたのは7時半だった。急いで準備しているとマッハさんも到着。明けましておめでとうございます。年賀に帽子もいただいてしまった。ありがとうございます。

8時
出発。マッハさんはスノーシューです。先行者は1名。トレースはしっかりつけてありありがたく使わせていただく。ガシガシ林道を進んで尾根取りつき。雪はおとといからのドカ雪でかなり多い。トレース通りに登る。

9:12 780付近
このあたりから台地になってくる。しかしガスが濃く迷いやすい。帰りはトレースを外さないようにしないと。先行者のトレースに沿って進む。

9:25 800付近
ここで単独の先行者と合流。トレースのお礼を言って先頭交代。ガスが濃くホワイトアウトになってくる。しばらくジグを切って進むが何かおかしい。予定していたルートの地形と合わない。あわててGPSを確認すると、なんと登る予定の尾根の手前を直登してしまっている。予定ではこの尾根上に出なければならないが、手前の斜面を登ってしまっていた。もう降りるには地形が悪過ぎる。この上は崖でトラバースは厳しい。仕方なく斜面を登るがかなりの斜度でジグを切ろうにも滑って登れない。単独の男性も別ルートを頑張ったが尾根が細くなりアウト。ここでマッハさんのスノーシューでステップを切ってもらい、ツボ足で登ってようやく主稜線に出る事が出来た。

11:35 1150付近
主稜線は雪庇が出来ていて上手くかわしながら進む。ここで後方の単独男性は撤退するという。お疲れ様でした。風が強くなりホワイトアウトで雪庇が良く見えず、慎重に進む。

12:20 越前甲ピーク
真っ白で何も見えないがGPSでピークを確認して無事到着。マッハさんありがとうございました。風も強く展望もないので写真を撮ったらさっさと下山。全く前が見えないので雪庇に注意して稜線は慎重に下った。

12:50 1200付近
ここから単独男性は北斜面を滑走したようだ。僕もこのトレースを使わせていただく。マッハさんは来る時のトレースで下山するのでここで一時別行動。トレースを見失わないように滑る。新雪がふかふかで気持ちいい。直ぐに鞍部に出てここから南斜面を滑る。ちょっとルートミスをして僅かだが登り返しをしてしまった。これは反省。

13:20 750付近
快適な広い台地を滑るとマッハさんと合流。ここから林道まで一気に降りる。

13:40 林道合流
トレースを使ってボブスレー。ようやく山スキーでボブスレーの意味がわかりました。斜度もそこそこあってWAXの染みた板は良く走った。

13:45 除雪終点
無事到着。荷物整理しているとマッハさんも到着。お疲れ様でした。握手を交わす。良い初登りが出来ました。ありがとうございます。コンビニで乾杯して帰路についた。

今回の反省点は、他人のトレースを無暗に信用しない事だと思った。常にGPSで地形を確認して予定していたルートを取るべきだ。あと地形も完璧に叩き込んでおく。そうしないとホワイトアウトになると一瞬で迷ってしまう。ジグの切り方もまだまだだし滑りも危うい。マッハさんのスノーシューステップがなければ登れない個所もあった。もっと練習が必要です。

日々練成

P1121285.jpg
林道を行く(マッハさん撮影)

P1121289.jpg
徐々にガスが(マッハさん撮影)

IMAG1277.jpg
急登を登るマッハさん

IMAG1283.jpg
一瞬ガスが晴れて展望が。素晴らしかった。

IMAG1278.jpg
美しい風景

P1121303.jpg
稜線は慎重に(マッハさん撮影)

IMAG1286.jpg
山頂ショット(マッハさん撮影)

IMAG1285.jpg
ツーショット

P1121314.jpg
油断して大転倒(マッハさん撮影)
[ 2014/01/12 17:41 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)

いやぁ素晴らしいですね
越前甲山行きたくなりました

自分も明日は長野でガイドをつけてバックカントリースキーしてきます
[ 2014/01/12 20:22 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> まさきち さん

 いつもありがとうございます。

 長野は雪が多そうですね。バックカントリー気を付けて行って来てください。
[ 2014/01/13 17:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/459-0f7c5894