FC2ブログ






Black Diamond ベノムアッズウィズリーシュ

Black Diamondのピッケルを紹介したい。
比較的安価なのに非常に高品質なアイテムを作ってくれるBlack Diamond(以下BD)。
良心的な国内価格は代理店のロストアローさんの頑張りによるところが大きいと思う。BDとオスプレーは国内で買いましょう。

さてそんなBDが発売しているピッケル(アックス)。数モデルあり長さもそれぞれ何種類かあるので迷う人も多いと思う。そんな道具選びの参考になれば幸いです。
現在の雪山でピッケルをストック代わりにする人は少ないと思う。僕も通常の雪山ではストックにスノーバスケットを取り付けた物を使用している。凍結した急斜面等でようやくピッケルの出番が来る程度。いつもはザックの重りと飾りになっている。殆どお守りのようなものだ。
しかし前回の白山では、黒ボコ下の急登はピッケルがなければ登れなかっただろう。出番は殆どないが、無いと前進不可能というなんともスペシャルなアイテムである。それだけに買うのを躊躇ったり、どれを買えばいいか迷うところだ。

僕が初めて買ったピッケルがBDのベノムアッズウィズリーシュだ。
通常のストレートシャフトと違って、上部がカーブしているタイプだ。このカーブが絶妙で、とても使いやすくなっている。
長さは57cm。このサイズがザックに付けても邪魔にならず、使用するときは長すぎず振り回しやすい。前述したシャフトのカーブのおかげで、ダガ―ポジションでガスガス登って行ける。勿論ピックも刺しやすく、ラバーグリップ付きなので滑りにくい。付属のリーシュも使いやすい。価格も実売1万円前半と入手しやすい。
しかしストック代わりにはならない。何よりストックに比べて長さが短いし、最長の64cmモデルだとピックを突き刺す際に振り回しが悪い。コンパクトなスイングが出来なくなるのだ。
前にも書いたが、通常の斜面ではストックの方が使いやすくなっているので、通常ではストック。必要な時にピッケルと使い分けた方がよろしいと思う。だってピッケルの石突きだと雪面に刺さってしまって体を支えられないです。
万が一の滑落時には短めの方がとっさに使いやすいです。リーシュがあれば手から離れませんし。

これから雪山を始めようとする人が、まず最初に買ってしまいそうなアイテムはピッケルだと思います。僕は断然BDのベノムアッズをオススメします。必要な時に「使える」アイテムです。

日々練成

bd01
カーブしたシャフトがとても使いやすいピッケル。良心的なお値段も魅力です。

一点だけ注意を。
素材がアルミなのでシャフト部は非常に冷たくなります。長時間握っていると凍傷のきっかけにもなります。ヘッドも当然金属なので冷たいです。
そこで僕はビニールテープを巻いて使っています。こうすることで直接金属に触れる事が無く、冷気から手を保護出来ます。効果は歴然です。加工も直ぐ出来るので是非皆さんやってみてください。

bd02
赤丸で囲った部分にビニールテープを巻くと、手が冷たくならずとても便利です。
冷気で粘着力が低下し、ビニールテープが剥がれる場合もあるので、端末部分は数回巻きつけておきます。家に帰ったら直ぐ剥がすとべた付きません。次回山行には新しいテープで行きましょう。

[ 2012/12/03 20:09 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/47-1a9f7c36