OMM Kamleika Race Jacket2 (OMM カムレイカレースジャケット2)

イギリス発ブランドのOMM。
元々は同名のアドベンチャーレースでの使用をメインとしてアイテムを開発するメーカー。現在はトレイルラン、レースを中心とした実戦重視のアイテム作りを行っている。目的を絞った製品作りをしているため製品ラインナップは少ないが、とても実戦向けで非常に使いやすいアイテムが揃っている。

その中からKamleika Race JacketⅡを使ってみた。これはいわゆる雨具、レインジャケットに位置する。しかし分類的にはソフトシェル。性能的な数値は色々出ていると思うので割愛して、ここでは実際に使用してみて感じた事を書きたいと思います。

このウエアの特徴はその素材。kamleikaと言われるOMM独自の防水透湿素材です。このkamleikaは何といっても4方向にとてもストレッチすること。激しい動きを伴うシーンでもほとんどストレスを感じません。そしてとてもソフトでしなやかなので、雨具独特のパリパリした感じがなく、気軽にサッと着て行動出来る事でしょうか。

以前山での使用感は書いているので今回は平地でのランニングで使用してみた感想。

サイズは175cm/72kgの僕でMサイズを使用。
着用感としては、保温性のあるコンプレッションウエアとその上にパタゴニアキャプリーン2を着てジャストサイズでした。フリース等を着ると若干タイトな感じになるかと思います。下はスポーツタイツ1枚の上に着てジャスト。細身のシルエットなので、パンツの上に重ね着するような着方は個人的に難しいかもしれません。

平地ロード 雪 気温-1℃ 風速5m前後 路面は雪、氷、ウェット、シャーベットと混在。

キロ5分から4分50秒で2時間半走行。

走っている最中は全くアウターを着ているストレスを感じませんでした。ストレッチする素材のおかげで、特に肩と腕回り、膝や股関節部分はストレスフリー。長時間行動するアドベンチャーレース等ではかなりアドバンテージになると思います。数値的に似たようなウエアは沢山ありますが、やはり行動するうえでいかにストレスを感じないかは重要なポイントです。完全防水で透湿性に優れていても、動きを妨げるようなウエアでは大きなストレスになります。その点、kamleikaは頭一つ抜けていると思います。
シルエットも全体にタイト気味なので、今回のように風雪雨の中を行動するようなシーンでも風で「バタつく」事がほとんどありませんでした。行動中ずっと裾や腕回りがバタバタいっているのは意外に疲れますし、気になります。バイクのウエアが風でバタつく事が無いように、安全面でもやはり行動中はバタつきが無い方がいいです。タイト気味ですがストレッチするので窮屈な感じはありません。
ソフトな質感なのでハードシェルのようなパリパリ感は全くありません。腕を振ったり走ったりすると固めの生地の場合擦れによって表面の劣化が進行する場合がありますが、kamleikaはそういった事も少ないと思います。
素材の音もシャカシャカではなく、パサパサ、サラサラといった感じで耳障りではありません。素材の擦れ音が気になる人には大きなポイントです。

防水性はほぼ問題ないので、気になる「蒸れ」について。
現在出ているどんな素晴らしい素材でも、汗をかくほど行動すれば必ず「蒸れ」は発生すると思います。これはもう個人的な感覚が大きいので一概には言えませんが、このkamleikaは透湿素材としては十分「蒸れ」を軽減してくれています。これ以上を望むのか、これ以下でも満足なのかは個人的な判断になると思います。蒸れが気になる人はフロントには大きなメッシュポケットがあるので、行動中は開けておけばかなり通気性を確保出来ます。ジャケットの前面はツインジッパーなので、上下どちらかを解放してもいいでしょう。個人的にはある程度蒸れがあったほうが保温性があっていいかな、とも思います。

ディテールについて、基本的な部分は十分確保されています。袖、裾はそれぞれベルクロ、ドローコードで調整可能。フードも3点調整が可能で激しい風でもめくれる事はありません。フードは丸めてベルクロで収納出来ます。口元は素材そのままでフリース等の裏地がないので少し気になるかもしれません。ピットジップはありません。必要もないですが。フロントポケットは大型のメッシュポケットが2つ。インナーポケットはありません。ジッパーは勿論止水ジッパーです。
腕と裾部分にリフレクターが印字されていますので夜間の安全もそれなりに考えてあります。

パンツはポケットが右側に一つしかありません。裏返すとパッカブル仕様になっています。この辺は雨具と割り切っていると思います。

気になる点は、やはり暗めのカラーしかない点でしょうか。トレイルや山に入るシーンが多いと思うので、もっと明るい色をラインに加えて欲しいと思います。

様々なシェルが出ていますが、トレイルランやアドベンチャーランで使用するにはKamleika Race JacketⅡ&pantsはベストな選択の一つだと思います。
中々取り扱い店が少なくて購入を迷っている方が多いと思います。少しでも参考になればと今回レビューしてみました。

日々練成

IMAG1359.jpg
抜群のストレッチ性でストレスフリーな着心地が特徴のKamleika Race JacketⅡ
耐水圧20,000mm 通気性15,000mgr/24h


IMAG1361.jpg
少し引っ張っただけでこのストレッチ。素材も柔らかく、シャカシャカしないので音や擦れも気になりません。

IMAG1363.jpg
独自素材のkamleika。2.5層生地ですが、それほどペタペタ感はありません。3層生地に比べると耐久性は落ちます。

IMAG1364.jpg
フロントポケットは巨大なメッシュ裏地。ポケットを解放すればかなり通気性を確保出来ます。
現在購入出来るレインウェアでもベストの一つ。

[ 2014/02/06 18:56 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/484-989520c4