B&D ski gear ワイドクランポン クトー135mm取り付け加工 &ラントレ(町内周回15km)

ようやくB&Dのワイドクランポンが入荷したとsbtrさんから連絡があり購入する事が出来た。sbtrさんありがとうございます。
DYANFIT TLT SPEED RADICALへの取り付けにはちょっと加工が必要なので参考までに書いておきます。

クトー幅は135mmと記載されていますが、実寸は138mmほど。3mmほど余裕があります。12-13ヘルベントはセンター132mmなのでほぼベストサイズです。

TLTのクトー取り付けベースの下側部分が、クトーの厚みと干渉してベースに入らないのでこの2箇所を少し削ります。やすりはホームセンターで売っている数百円のダイヤモンドやすりで十分です。やすりは細い物を選びましょう。作業し易いです。

IMAG1376.jpg
取り付けベースの赤丸部分が干渉するので、内側と角部分を少し削ります。クトーとの干渉を見ながら削るといいでしょう。
あまり大きく削ると強度が不安なので様子を見ながら調整してください。


IMAG1375.jpg
クトーがベースを通るようになったら、次はクトーの写真赤丸部分を削ります。ここが干渉するとクトーが下まで降りる動きが渋くなります。ベースは削らず、こちらを削る方が作業効率や強度の面でも良いかと思います。

IMAG1379.jpg
作業完了。干渉していた部分は、1ミリ弱のクリアランスがあると動きもスムーズです。あまりガタつかないようにするといいかと思います。

IMAG1378.jpg
取り付け。135のマーキングは買った当初から書いてありました。流石この辺は外国製品です。気にしないのでしょうか。

クトーの取り付けは一方通行なので取り付け方向をマーキングしておくと山行中でも便利だと思いました。クトーとベースがそれぞれアルミとスチールなので気休め程度にグリスを塗布しました。すぐ取れてしまうでしょうが。

以上、加工はこんな感じです。素人加工なのであくまで自己責任で加工してください。


午後から晴れていたのでラントレへ。乾いた路面は久しぶりだ。少しスピードを上げて15km走った。相変わらず海岸線の風は強くアイウェアがないと潮風で目が痛くなる。走り始めてすぐ脹脛が痛くなったがこんなもんだろうと気にせず最後まで。ラストは少し上げて走った。

15.2km 66分55秒

しばらくこのペースで走れるようにトレーニングしよう。そろそろ30kmのロングも入れないと。時間は有限、無駄には出来ない。


日々練成




[ 2014/02/10 16:23 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/488-b31b221f