冬山の思いで

いよいよ平地でも雪が降るようだ。
明日は気合いを入れてタイヤ交換しなければ。

そろそろ低山でも雪が積もってきているだろう。次の休みは荒島岳でも行ってみようかな。
荒島岳は今年の2月に厳冬期初登頂した。初めての本格的な雪山でスノーシューデビューでもあった。幸い天候は晴れだったが、雪が多く急登のラッセルはとても苦しかったのを覚えている。モチガ壁の急斜面ではガスで方向が全く分からず、取り出しだ地図とコンパスが全く役に立たなかった。どうにかモチガ壁を登りきり、コンパスで見当を付けた山頂方向へ稜線を歩いているとそれらしき場所に出た。わずかに頭を出していたお社で山頂とわかり、展望はガスで全く無かったが達成感でいっぱいだった。
下りはスノーシューで新雪を飛ぶように降りていく事が出来て、こういう使い方もあるのかと感心した。
あれから何度か冬の頂を踏んだが、何度登っても山頂では感動が待っていた。その全てが単独だったが、僕にはソロが合っているようだ。
今シーズンも精いっぱい山に登っていきたい。勿論安全第一である。

日々練成

荒島冬
初の本格冬山デビューとなった荒島岳。厳しい登りだったが、山頂到達は感動だった。
[ 2012/12/05 19:22 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/49-5ecad414