FC2ブログ






赤兎山 山スキー

赤兎山 山スキー

単独 ヘルベント189 TLTspeed radical TLT6 

取立山に飽きたら赤兎山。
夏はアプローチが良いので多くの登山客で賑わう赤兎山も冬は林道が閉鎖されるため訪れる人も滅多にいない。今回はスキーを使ってピークを目指して見た。

朝3時半に起きて小原へ車を走らせる。途中天気予報を見ると昨日は午後まで持つはずだった天気が朝8時には雪マークがついていた。レーダーを見ると雪雲は直ぐそこまで迫っている。参った、急に気持ちが萎え始める。とりあえず小原のゲートまで来たものの、どうしようか。しかし冬は寒いし山は雪が降るもの。挑戦しないで敗退はあり得ないので意を決してスキーにシールを貼って準備する。

6:30 ゲート発
モヤモヤしていたら時間が経ってしまった。さっさと出発すべきだった。マリアナ海溝より深く反省。
林道は雪に覆われているのでカット出来る個所はなるべくカットして最短距離を進む。しかし昨日の好天でガチガチになっているところもあってトラバースは危ない場所もあった。昨日のスノーシューの足跡が林道に残っていた。歩きだして間もなく雪が降り始める。しかし気温は0度を下回らず、行動していると暑かった。

8:50 840付近
長い林道を経てこのあたりから林道を大きくカットして直登気味に進む。最後の橋を渡って1087につかまらないように上手く巻いていく。当初は大船山のコルを目指すルートだったが、視界も無く展望もないだろうと登山道を進み小原峠を目指す。対面には大船山の稜線が見え、その間の平坦地が箱庭のように広がっていた。

10:20 1158付近
夏の駐車場を過ぎれば夏道に合流。ここから峠を目指していく。一気に雪も増えた。このあたり降雪があったらしい。ラッセルを頑張って進む。1350付近から登れそうな斜面があったので小原峠より南側の稜線へ登り上げた。

11:40 1547付近
稜線はガチガチに凍っている個所もあってエッジが滑って難儀した。初投入クトーちゃんが頑張ってくれた。大船山からの合流点を過ぎれば山頂は直ぐそこだ。ここから急に気温が下がってきた。

11:52 赤兎山 1628.7
風雪で展望は無し。さっさとシールを剥がして降りますか。降り続く雪ですでにトレースは消えかけている。写真を撮ったら滑降開始。

12:09 山頂発
一気に稜線を降りて斜面へ。途中エッジが抜けて大転倒してしまった。消えかかったトレースを辿ってあっという間に林道へ合流。

12:30 林道合流
ここから快適な下りと思いきやすでにトレースは埋まりかけて我慢の押し歩き&スケーティング。重い雪で難儀した。

14:03 ゲート着
お疲れ様でした。登りに思いのほか時間がかかってしまった。その前に出発が遅くなったのが反省点です。地形の巻きはまあまあ上手くいったかな?まだまだ経験が足りない。練成あるのみです。

日々練成

IMAG1390.jpg
最初のゲート

IMAG1392.jpg
積雪量

IMAG1393.jpg
ひたすら林道を行く

IMAG1394.jpg
林道をショートカット

IMAG1395.jpg
対岸には大船山の稜線と眼下には箱庭が

IMAG1396.jpg
小原峠を目指す

IMAG1397.jpg
稜線はクラストしていた

IMAG1398.jpg
分岐を過ぎるとピークが見えた

IMAG1400.jpg
赤兎山山頂withヘルベントウィペット

IMAG1401.jpg
帰りの林道は辛抱です

IMAG1402.jpg
おまけ 新品のクトー曲がったwwwwww

new.jpg

[ 2014/02/14 18:28 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)

長時間の山行おつかれさまでした

地図で見ると林道が長いですね
山スキーのなせる技だと思います

ちょっと真似できないけど、雪山の参考になります
[ 2014/02/14 21:48 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> まさきち さん

いつもコメントありがとうございます。
林道は楽なのですが単調なので飽きますね。山スキーは冬山最強の機動力だと思います。
[ 2014/02/15 18:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/492-64ea7ef6