FC2ブログ






Orange mud ハイドラクイバー

独創的なランニングアイテムを作るUSAメーカーのOrange mudからハイドレーションパックの斬新なスタイルが提案された。

「ハイドラクイバー」と名付けられたこのパックは従来のハイドレーションのように背面のウォーターパックからホースで水を運ぶのではなく、ボトルを直接担ぐ様にデザインされている。今までもボトルを運ぶバッグはあったが殆どが腰で持つウエストパックのスタイルだった。このスタイルどうしてもボトルの「揺れ」が気になってしまう人は多い。

その点ではこの「ハイドラクイバー」は非常に優秀である。ボトルの揺れが気になるという事に関して言えば、現状では一番揺れを感じにくいだろう。背中に直接手を伸ばしてボトルを取る行為は、慣れてしまえば走行中でも問題はないと感じた。専用のボトルでなくともある程度は融通が利くのでお気に入りのボトルを入れて使う事も可能だ。

実際に担いで走ってみた感想では、揺れによるストレスはほぼ無いと言っていい。背中に当たる部分には厚いスポンジが入っており、フィット感は良好だ。ショルダーベルトのパッドは少な目だが、荷物の量を考えれば十分。脇の下を通るベルトはシートベルトの様にツルツルしてしなやかな素材で、腕や脇の擦れは殆ど無いだろう。各種素材や縫製は非常に上質で丁寧に作られていると感じた。(Made in usa)

各部分に様々な工夫が凝らされており、数時間程度のトレイルランであれば十分な装備をパッキングする容量は確保されている。

ハイドラクイバーを装備して走って見て気になった点だが、ボトル内の水の音が気になるかもしれない。僕は全く気にしなかったが、気になる人は少し煩わしいかも。それと背中のスポンジ部が夏場だと汗をかなり吸い込んでしまいそう。ここは少し対策が必要になるだろう。

次回は各部の詳細をレポートしてみたい。

日々練成

無題
肩甲骨の位置でボトルを背負う斬新なスタイル。

IMAG1505.png
走行中、ボトルの揺れは全くと言っていいほど無い。
[ 2014/04/13 19:27 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/550-2768af5f