FC2ブログ






選考会試走

選考会の試走のため仙丈ケ岳へ。

20日 柏木~地蔵尾根~仙丈ケ岳~両俣小屋(シェルター泊)
21日 両俣小屋~仙丈ケ岳~小仙丈ケ岳~北沢峠~仙流荘~柏木

19日の深夜出発し高速で南アルプスへ。途中猛烈な睡魔に襲われSAで少し仮眠。駐車場に車を停めてさあ出発。
地蔵尾根は地図に無い林道と何度か交差を繰り返し途中で地図から現在位置をロスト。松峰付近でようやく現在位置を掴んだ。細かなアップダウンはあるがそれほど問題も無く登る。2700m付近から樹林帯を抜けようやく展望が。仙丈ケ岳も見えた。途中仙丈小屋に寄って水を分けてもらう。再び登り返しスタートから4時間半で山頂着。展望は曇りでそれほど無いが満足です。

ここから大仙丈ケ岳を経て両俣小屋へ向かう。途中の小ピークを地図でよく確認。ポイントを落とす。細かなアップダウンを経て高度を落とし、野呂川越から両俣小屋へ。シェルターを張る場所の確認とペグの刺さり具合も確認。シェルターを張ったら特にやる事もなく、ぼーっと空をみたりして夕方には早々にヴィヴィに潜り込んで目を閉じていた。暗くなるぐらいに雨が降ってきた。そのうち寝てしまったようだ。気がつくと深夜0時。外を見ると雨は上がっている。また寝て起きたら3時。朝ご飯を食べてシェルターを撤収して4時に両俣小屋を出発。今日もゆっくり進む。途中の残雪はまったく気にならなかった。

再び仙丈ケ岳。途中で何人かの同じ試走目的の方とお話させていただいた。お互い頑張りましょう。小仙丈ケ岳方面へコースを取って進む。こちらはメジャーな登山ルートらしくきっちり整備されていた。両俣小屋から6時間で北沢峠。少しゆっくりし過ぎたか。さあロード21kmをひたすら走って仙流荘到着。再びロードを柏木まで走る。無事駐車場到着。

お疲れ様でした。2日間の試走が終了。コースの下見が出来たのは良かった。これからしっかり準備して選考会に臨みます。

日々練成


stegg.jpg
地蔵尾根は北アルプスとは違った雰囲気の登山道。原生林っぽくて好きかも

stegg (3)
仙丈ケ岳にて。山頂と両俣までは一人占めでした。

stegg (5)
大仙丈ケ岳下より北岳方面

stegg (6)
両俣小屋は良い雰囲気でした。シェルター設営も問題なし。

stegg (4)
再び仙丈ケ岳。小仙丈ケ岳方面。

stegg (2)
雷鳥たん「ギュエエェェェゲッギョ」

yr.jpg
ゴールの仙流荘。また来週来ます。


[ 2014/06/21 23:31 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(4)

トレランシューズ

仙丈ケ岳登山お疲れ様でした。
がんばってられますね。
トレランシューズのインソールを買いました。
スーパーフィットのグリーンかオレンジか迷ったのですが、試し履きの結果クッションのよいオレンジにしました。アドバイスありがとうございました。
シューズのインソールに合わせて買ったお店の方がカットしてくれました。
ありがとうございました。コージツさん
おかげで足の裏が痛くなく今日の立山山麓アドベンチャーマラソンに出場できます。
と思って朝起きると雨。なんでやねん
[ 2014/06/22 05:50 ] [ 編集 ]

いよいよ来週

みさごさん、こんにちわ。

試走、お疲れ様でした。
ホントにニアミスでしたね。

一つ聞きたい事があります。
仙丈から両股小屋までの稜線って、雪の具合ってどうですか?
ひょっとして、アイゼン必要ですか?
[ 2014/06/22 15:35 ] [ 編集 ]

Re: トレランシューズ

> バカボンのパパ さん

 訪問&コメントありがとうございます。
 おかげさまで無事南アルプスより帰りました。
 スーパーフィート、気に入られたようで良かったです。最初は土踏まずに違和感がありますが、慣れるととても走りやすくなると思います。
 今日の立山は生憎の天気でしたがこれも経験ですね。僕の所属するチームのメンバーがロングの1,2位に入ったようです。バカボンのパパさんはいかがでしたか?MT610Gの防水能力が発揮出来たのではないでしょうか。次の大会も頑張ってください。
[ 2014/06/22 19:28 ] [ 編集 ]

Re: いよいよ来週

> 醤油屋 さん

 訪問&コメントありがとうございます。
 名乗りもせずブログにコメントしてしまいました。申し訳ありません。

 21日の仙丈ヶ岳の山頂で、仙丈小屋に泊まった方から醤油屋さんの事をお聞きしました。5時ごろ地蔵尾根を降りていったと聞いたのでみんな頑張っているなと刺激をいただきました。

両俣小屋まではところどころ残雪がありますが、僕は問題なく通過出来ました。夜間に凍結していたりしなければ問題はないと思います。ただこれも慣れがありますので、不安なら準備された方が良いかもしれません。
それでは選考会でお会いしましょう。
[ 2014/06/22 19:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/619-b8c1e056