FC2ブログ






LA SPORTIVA Trango Alp GTX(ラ スポルティバ トランゴアルプGTX)

僕が初冬や残雪期、テント泊等で使うブーツがLA SPORTIVA Trango Alp GTX(ラ スポルティバ トランゴアルプGTX)だ。
夏山はテント泊などの荷物を担がない限りトレランシューズに今季から切り替えた。冬靴は別にあるので、これは1年で一番履いている時間が長いのかもしれない。
スポルティバはイタリアメーカーだ。外国製にありがちな細い作りではなく、僕の幅広(3E)の足にもフィットしてくれる。厚手のウールを履いて隙間なくぴったりになる。個人的に靴は遊びがなくジャストフィットが良いと思っている。幅広の靴は最初は楽だが、下りや長期縦走となると靴内でのズレが多く靴ずれや爪先のダメージに繋がる。ほんの少しきつめでジャストフィットの靴を選ぶといいと思います。楽=丁度いいではありません。

LA SPORTIVA Trango Alp GTX(ラ スポルティバ トランゴアルプGTX)
名作のTrangoSを歩行重視にしたモデルで、日本の山にとても合っている。長期の稜線歩きから岩稜帯までなんなくこなす。今年の槍~西穂のテント泊も全く問題なく、スリップする事も殆どなく歩くことが出来た。ハイカットだが、足首の自由度が高く、柔らかいフレックスの足首は負担が殆どない。シャンクも程よい硬さで歩行の邪魔にならず、尚且つ岩場ではしっかり爪先でホールド出来る。強靭なレザーと化繊のコンビで強度と耐久性も高い。勿論ゴアライニングの完全防水だ。歩行重視の設計だけあって長時間の歩行でも足への負担は極めて軽い。ただ硬いだけの作りではなく、動くところはしっかりフリーになり、サポートすべきところはきっちり押さえている。

特筆なのはそのソール。IBS(インパクトブレーキシステム)と呼ばれるソールは、滑りやすい濡れた一枚岩でさえがっちりグリップする。そのグリップ力ゆえに若干減りやすい感じではあるが、強力なグリップ力との相殺なのでそこは妥協点か。スポルティバはフィット感が素晴らしい靴を作ってくれる。先進的なシステムも取り入れ、数あるメーカーでも間違いないメーカーの一つだろう。これから靴を買うのに迷っている人はスポルティバを選択枝に入れてみてはどうだろうか。

ちなみにちょっと初期不良があったのでメーカーに問い合わせたが、スポルティバジャパンの対応は酷過ぎでした。メーカーのアフターサービスには期待しないほうがいいでしょう。

日々練成

IMAG0328.jpgイタリアらしいデザインと機能が融合した素晴らしい靴です。縦走から岩場までしっかり対応します。足首の自由度の高さと素晴らしいフィット感は秀逸。


IMAG0329.jpgIBS(インパクトブレーキシステム)と呼ばれるソール。勿論ビブラム。グリップ力と縦走時の歩きやすさを両立した素晴らしいソール。スポルティバが誇る傑作ソールです。

[ 2012/12/18 23:35 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/62-61c04f4e