TJAR2014 お礼と報告

 御礼と報告

 TJAR2014の大会前中後を含めて、沢山の支援と応援ありがとうございました。
 スタート地点のミラージュランドでは多くの方に駆けつけていただき、他のどの選手よりも大きな声援をいただいて本当に心強く、嬉しかったです。また、コース途中の声援、手製の横断幕や旗まで作っていただいての応援は、長い行程の中で萎みそうな心を何度も立ち直らせてくれました。
 ツイッターやフェイスブックでのツイートやコメント、全てに返信する事は出来ませんでしたが、全て読ませていただきました。見ず知らずの方まで応援していただける心強さは何物にも勝るエネルギーになりました。
 途中のチェックポイントやコース上に駆けつけて頂いた方々からの応援に十分応えられずごめんなさい。特に後半は少し弱気になっていた部分もあり、応援を受けて泣いてしまいまともにお話する事も出来ませんでした。
 皆様からの応援が僕の前進するエネルギーになっていました。本当にありがとうございます。

 結果は残念ながらゴール手前45km地点でリタイアとなってしまいました。詳細は後ほど記録しますが、足のダメージが酷く頭では進もうとしても全く足が動かない状態でした。体が動かないので体温も上げられず、冷たい雨の中でこれ以上留まる事は危険であり、制限時間にも間に合わないと判断してのリタイアでした。
 
 歩けない程のダメージに至る経緯は完全に僕のミスです。気象条件は全ての選手に平等であり、装備やウェアの選択もルール上で決められた中で個人が判断して選択しています。全て自己責任、これはこのTJARの根幹をなすものです。その中で自らのミスでリタイアに至った事については僕自身は全て納得しています。(応援していただいた方には申し訳ありません)

 これで僕のTJAR挑戦は終わりです。2年間の準備を経てこの偉大な大会に挑戦出来た事自体が僕の目標であり、結果だと思っています。次は無いとの覚悟での挑戦でした。勿論、次回へ挑戦すれば今回の経験を生かして完走する事も出来るかもしれません。しかし一般人が2年間という期間を経ての挑戦は並大抵のものではありません。

 2年間、誰よりもハードなトレーニングをして、沢山のお金をつぎ込んで装備を選択し、家庭や仲間との時間を削ってまでこの大会のために準備をして、書類選考を通過し、選考会を合格し、判定会議も通過して、それでも最後の抽選で落とされる。それでも納得出来る覚悟があるか、という事です。
 TJARに参加するという事は「2年間の全てを覚悟する事が出来るか」という事だと思っています。体力、経験、判断力、全て僕より勝っている方、何度もTJARを完走している方が抽選で落選されています。そんな中でも再び次の大会を目指そうとする方もいます。まさに落とされるのは覚悟の上、でしょう。本当に素晴らしい事だと思います。

 僕は2年という期間をTJARの準備のために経験して、次はないな、と覚悟していました。書類選考で落ちても終わり、選考会で落ちても終わり、抽選で落ちても終わりのつもりでした。一番の思いは、家族にこれ以上負担はかけられないという事でした。休みの度に家庭より優先して山に出掛け、沢山のお金も使いました。それでも文句一つ言わずに応援してくれる家族がいたからこその挑戦でした。

 ただこの大会のために、それだけを考えてきた2年間でもありました。景色を楽しむ事も少なく山を駆け抜け、少しでも良い性能だと思った装備は多少高くても買っていました。全てがこの大会のためでした。しかしそれも今回の挑戦で終わりです。これからは家族との時間を大切にして、余裕があればもっと深く、ゆっくり山を楽しみたいと思います。そしてこの2年間で得た経験を活かし、挑戦する事の素晴らしさ、楽しさ、辛さを誰かに伝えていけたらと思っています。

 最後に
 大会関係者の皆さん、運営本当にありがとうございました。並々ならぬ努力と多くの方の尽力と理解、協力があったのだと思います。僕達選手の見えないところで、僕達以上に走りまわってくれた事を本当に感謝しています。ずっと選手をまってくれていたチェックポイントでは、疲れから無愛想な態度をとってしまったかもしれません。笑顔で通過出来なくてすみませんでした。
 大会を通して選手を撮影してくれた方々、僅かな瞬間のために雨の中長時間待っていてくださりありがとうございます。大した被写体でなくてすみません。
 山小屋の方々、笑顔と美味しい食事をありがとうございます。次の小屋についたらカレーを食べよう、それだけを考えて進んでいた事もありました。温かい食事と小屋の方の優しい笑顔は僕達選手を何より元気づけてくれました。

 そして、共にあの雲の彼方を目指し、アルプスを駆け抜けた仲間達。大会中会う事も少なかった仲間もいたけど、その存在はアルプスの空の下で感じていました。稜線の暴風雨の中を共に進んだ時、暗闇の中ヘッドライトだけでお互いの存在を確認している時、山小屋で偶然会った時、孤独のロードを走っている時、遥か先に見えたヘルメット。無念のリタイアをした選手、最後まで完走した選手。全て同じ時間を共有した仲間です。皆さんの存在が僕を前に進めてくれました。この経験を出来た事にただ感謝。ありがとう。僕に次は無いけど、また次回を目指す仲間もいるでしょう。無事に大浜海岸へ辿りつける事を願っています。
 
 TJARは人生の縮図
 共にあの雲の彼方を目指して
 想いは継がれてゆく

 ありがとうございました。
 日々練成

 

 追伸:米田選手、柏木選手、近いうちにゆっくり山で会いましょう!

[ 2014/08/19 19:39 ] 2014TJAR | TB(0) | CM(34)

お疲れさま

完走は残念でしたが、良い経験しましたね。

そして、良い決断だと思います。
家族が一番ですよ。
[ 2014/08/19 20:35 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした。

お疲れ様でした。しっかり休んで完全復活してください。色々考えての事だと思いますが2年後迄時間はあるので復活祈ってます!2016ゴールする迄は応援しますよ。
[ 2014/08/19 20:40 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした。そして、ありがとう!

お盆休みの南アルプス。雨の山中、多くのTJAR選手に出会いました。
が、最も直接応援したかったみさごさんにお目にかからなかったのが心残りでした。
今、心技体すべて全力を出し切った姿に心から感動しています。
とりあえず今はゆっくり休んで下さい。
これからどうするのか、どういう道を歩まれようと、それがみさごさんです。
これまでも、そしてこれからも応援していますよ!
[ 2014/08/19 21:18 ] [ 編集 ]

TJAR お疲れ様

みさごさんの「納得」という言葉を聞いて、安堵しています。
今の自分の全てを出せたということでしょう。
ワンチャンスと自身で決めて挑んだ姿は、TJARの自己完結の精神とも重なります。

TJARという素晴らしい体験を経て、また新たな山との関わり合いをブログでお伝えください。楽しみにしています。

最後に深田久弥の言葉を・・・。「山ありてわが人生は楽し」

[ 2014/08/19 21:35 ] [ 編集 ]

感動、ありがとうございます。

涙涙で読ませて頂きました。自分なんかは普通の登山の敗退やレースのDNFでも凄く精神的にダメージを受けてるんですが、これほどのチャレンジ、悔しさや自問自答でしょう。
「もっと深く、ゆっくり山を楽しみたい」 深いですね、達人のお言葉。自分も前に、山を教えて頂いた大先輩、富山県警山岳警備隊の黄金期を作られた方に登山でタイムとかワンデイとかの話しをしたら、凄く軽蔑された事がありました。 またブログ楽しみにしています。感動、ありがとうございました!
[ 2014/08/19 21:41 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした

素晴らしい挑戦だったと思います。よくぞここまで、と思う頑張りだったと思います。次回のTJARに参加するしないにかは時の経過で変わっていくでしょう。まずは、ゆっくり休んで下さい。
これからも大好きな山を思い切り楽しんでいかれるんでしょう。羨ましいと思うと同時に、自分ももっと山に行きたいなと思っています。
こんな気持ちにさせてくれるTJARと参加した選手の皆さんに感謝。
お疲れ様でした。
[ 2014/08/19 22:10 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした

読みながら、熱いものがこみ上げてきました。
たくさんの人に感動を与えてくれたみさごさん、素晴らしいです。
この2年の準備を支えてくれたご家族の方や、お友達とゆっくり楽しい時間を過ごしてくださいね。
またいろいろな方面にご活躍されることを祈っています。
[ 2014/08/19 23:24 ] [ 編集 ]

お疲れさまでした

いつもブログを拝見させて頂いているものです。
TJAR本当にお疲れ様でした。
記録を読ませていただき、ただただ感動してしまいました。
自分には想像がつかないくらいに疲労がたまっていることと思います。どうかゆっくり休んで下さい。
感動をありがとうございました!
[ 2014/08/20 00:42 ] [ 編集 ]

胸を張ってください

みさごさん、壮絶な闘いでしたね。本当にお疲れ様でした。

三伏峠でカレーをおかわりする勢いで食べてる姿を見て、絶対やってくれると思ってました。それだけにリタイアを聞いて、私もショックでした。

でも、ここまで、1つの事に情熱を注ぎ込める事は素晴らしいと思います。結果は二の次で、その過程に意味があったと思います。

どうか胸を張ってください。たくさんの感動、ありがとうございました。
[ 2014/08/20 06:38 ] [ 編集 ]

おつかれさんでした

おつかれさんでした。
今はゆっくりやすんでください。
感動をありがとうございます。
[ 2014/08/20 06:50 ] [ 編集 ]

おつかれさまでした。

そう確かにTJARは沢山の時間とお金がかかりますね。私もいっぱい家族に時間をもらって負担をかけました。
私も、最後までは行けたけれどリタイヤだったとしても、次回は?、と聞かれたら「ない」と思います。そういう理由に加えて、レース中の「生活」の大変さ。進むだけではなく、すべてのこと自分で管理して処理していかなければならない・・。それを1週間・・・キツかったあ。
みさごさんの応援多かったですね!たくさんの人に愛されててすごいな、と思いました。あ!みさごさん次回も・・・あるんじゃないですか?もう装備はそろってるし(笑)

[ 2014/08/20 08:08 ] [ 編集 ]

素晴らしい

早川さんのHPで、みさごさんのことは存しておりました。
みさごさんのHPを見てTJARを目指していることを知り、正直「そんなに簡単に出られるのかよ」と思っておりました。
TJARの参加が決まった時。完走できるのか?との思いで観戦しておりました。
暴風雨の薬師の稜線でここでリタイヤかなぁ~と不謹慎にも思ったおりました。
しかし、翌日北アルプスを越え、中央を超え、南アを超えた時、「会いたい!」
ゴール地点で握手したい!という気持ちになった頃のリタイヤ・・・
愕然としました・・・
この記事を読んで、ますます思いが強くなっております(^^)
どこかできっとお会いできると思っておりますので、その時は、握手させていただきますので、よろしくお願いいたします!
[ 2014/08/20 18:00 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした。

TJAR本当にお疲れ様でした。
これほどの思いをもって挑戦したことを知り感動しました。
仙丈ケ岳の山頂で応援しようと待ってるつもりが雨と風と寒さで5分で下山した自分が恥ずかしいです。
TJARの挑戦は終わってもこれからもサブスリーさんやヤスヒロ先生達とのいろいろな挑戦はいつも応戦しています。
ゆっくり休んでまた完全復活してください。また山で会ったら声かけさせてもらいますよ。
[ 2014/08/20 19:40 ] [ 編集 ]

Re: お疲れさま

> ぼうぼう さん

 そうですね。少し休んで、家族との時間を大切にしたいと思います。
[ 2014/08/20 21:16 ] [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした。

> ひで さん

 ありがとうございます。まだ先の事はわかりませんが、色々な事に挑戦したいと思います。
[ 2014/08/20 21:17 ] [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした。そして、ありがとう!

> takazamurai さん

 応援本当にありがとうございます。是非山でお会いしたかったですね。また機会がありましたら、山でお会いしましょう!ありがとうございました。
[ 2014/08/20 21:18 ] [ 編集 ]

Re: TJAR お疲れ様

> pinecap さん

 山を通じて色々な人と出会い、色々な経験をする事が出来ました。TJARは一つの目標であるだけで、到達点ではありません。これからも山を通じて勉強させていただきたいと思います。応援ありがとうございました。
[ 2014/08/20 21:20 ] [ 編集 ]

Re: 感動、ありがとうございます。

> 海王 さん

 何か目標を決めて挑戦する時は、そのリスクも覚悟しないといけないと思います。自分のいいとこどりではつまらない挑戦になると思います。大会に参加されている海王さんならそういった悔しさや辛さも御存じだと思います。いつか山でお会いしましょう!
[ 2014/08/20 21:22 ] [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした

> ツルオカ さん

 山は素晴らしいですね。自分を素直にさせてくれると思います。TJARを通して山をもっと深く感じる事が出来ました。ツルオカさんが良き山行に巡り合えますように。
[ 2014/08/20 21:24 ] [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした

> 通りすがり さん

 家族と仲間の理解あってこそだと思います。これからは僕が協力していこうと思います。
[ 2014/08/20 21:25 ] [ 編集 ]

Re: お疲れさまでした

> jackie

 いつも見て頂きありがとうございます。少し休んで、また何かに挑戦したいとおもいます。ありがとうございました。
[ 2014/08/20 21:26 ] [ 編集 ]

Re: 胸を張ってください

> 醤油屋 さん

 選考会ではお世話になりました。また、大会中は運営本当にお疲れ様でした。残念ながらリタイアとなってしまいましたが、僕自身納得しております。またいつか山でお会いしたいですね!ありがとうございました!
[ 2014/08/20 21:28 ] [ 編集 ]

Re: おつかれさんでした

> バカボンのパパ さん

 スタート時の応援、ありがとうございました。お会い出来て嬉しかったです。残念ながらリタイアとなりましたが、皆さんの応援でここまで来れました。本当にありがとうございました。
[ 2014/08/20 21:30 ] [ 編集 ]

Re: おつかれさまでした。

> ニシダ さん

 完走おめでとうございます!レース中はスゴ以来、お会いする事も無かった・・・かな?
 多くの人の支えでこの大会に出られたと思うと、簡単に次は、と言えないですよね。次は僕が支えて行く番です。応援本当に力になりましたね。ありがたかったです。
 次回は・・・・ないですね(笑)
[ 2014/08/20 21:32 ] [ 編集 ]

Re: 素晴らしい

> HIZA さん

 いつもありがとうございます。
 残念ながらリタイアとなってしまい、お会い出来ず申し訳ありません。TJARは・・・そうですね、確かに簡単に出ると言える大会ではないと思います。正直僕も挑戦を決めた時は本当に出場出来るのかという思いでした。多くの方に支えられてここまで来る事が出来ました。今はただ感謝しかありません。
いつかお会い出来る事を楽しみにしています。ありがとうございました。
[ 2014/08/20 21:35 ] [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした。

> やす さん

 仙丈ケ岳まで来てくださったのですか?本当にありがとうございます。それだけで胸が熱くなります。
 少し休んで、また仲間と色々な事に挑戦しようと思います。ありがとうございました。
[ 2014/08/20 21:37 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/08/20 21:47 ] [ 編集 ]

受け取りました。

最終日まで本当にお疲れ様でした。
畑薙ダムへの道中で別行動になってから、井川に辿り着き再会できたときには私自身いろんなものを受け取りました。
自分自身で課題を課してそれに挑戦していくことは傍から見ていてもいろんなことを学ばせてくれるんだなと思わせてくれたことに感謝しています。
落ち着いたら道中話した馬鹿げた挑戦もいろいろやっていきたいですね。また近々会いましょう!
[ 2014/08/21 07:42 ] [ 編集 ]

お疲れさまでした

こんにちは。
2年間に渡るTJAR挑戦、お疲れさまでした。
昨年春頃から準備の過程をずっと楽しみに見ていました。
そして先月の白山でお会いしての力強い握手。
私もたくさん元気を貰いましたよ!

これからもサブスリーさん達との様々な挑戦を期待しています。
そして、また白山で会える日も楽しみにしています!
[ 2014/08/21 13:58 ] [ 編集 ]

Re: 受け取りました。

> カシワギ さん

 完走ありがとうございます。
 正直、井川の関門に辿り着いたときにはカシワギさんのおっしゃる通り、お二人に色々渡したのだと思います。関門を出る時、正直厳しいなと感じていました。思えば五色ヶ原からの道中は前後しながらも一緒でしたね。高山裏でビバークしている柏木さんを見つけたときはそのパワーに驚き、元気をもらいました。荒川小屋からの行動も楽しかったです。
体も回復し、周囲も落ち着いたら是非近いうちにお会いしましょう。それを楽しみにしています。ありがとうございました。
[ 2014/08/21 19:15 ] [ 編集 ]

Re: お疲れさまでした

> しょもも さん

 残念ながらリタイアとなってしまいました。しかし2年にわたる挑戦は一区切りしました。僕自身少し安心している部分もあるので、やはり自分にとっても厳しい挑戦だったのでしょう。これからはトレーニングではなく、楽しむ事を目的として白山に登りたいと思います。また白山でお会いしましょう!
[ 2014/08/21 19:16 ] [ 編集 ]

TJAR本当に本当におつかれさまでした。無事に帰ってきてくれ、安心しました。お体は少し回復されましたか⁇ブログを拝見させていただき、思わずコメントさせていただいきました。
夫と共に私までもが、応援に参加させていただき、みさごさんの挑戦する姿を拝見させていただいた事、とても感謝しております。ありがとうございました。本当に感動しました。
みさごさんの雄姿、心にやきついています。本当にかっこよかったです。今は体をゆっくり休めて、ご家族とゆったり過ごしてくださいね。また、ご活躍を耳にするのを楽しみにしています。

p.sいつも、夫がお世話になり、本当にありがとうございます。夫にとってみさごさんは憧れの存在のようです。これからもよろしくお願いします。
ueta妻より
[ 2014/08/21 20:12 ] [ 編集 ]

Re: ありがとう。

> k内さん

 お気持ち察します。僕が同じ立場なら素直に応援出来ないと思います。それでも応援出来るk内さんはとても強い人だと思います。次回を目指すその気持ちはとてもとても強く、美しい気持ちですね。ご家族もきっと応援してくれる事でしょう。次回は僕が大浜海岸でお待ちしています。同級生として、是非辿り着くのを楽しみにしています。応援ありがとうございました。
[ 2014/08/21 22:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ueta さん

 いつもいつも応援、本当にありがとうございます。遠いところまで仕事前に応援に駆けつけてくれる姿は僕にとって本当に救いになりました。特に今回、あの場面での応援がなかったら僕のTJARはあそこで終わっていたと思います。今度改めてお礼させてください。ご夫婦で山へ行ける事をとても羨ましく思っています。これからもよろしくお願いします。
[ 2014/08/21 22:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/667-f88a88e1