TJAR2014記録 4日目~5日目(13日~14日)

 5:30?

 シェルターの外から聞こえる米田選手の声で目が覚める。ヤバい、この熟睡した感じ。案の定寝坊した。5時には旧木曽駒スキー場の予定だったが現在5時半と完璧に出遅れた。慌てて起きると米田選手も寝坊したという。仕方ないのでさっさと撤収して朝ご飯を食べる。僕はカップめんとおにぎり。米田選手は極太巻き。建物裏には柏木選手も仮眠していたようで、三人で出発準備。僕らが寝ている間に中村選手と阿部選手は先に行ったようだ。

DCIM0129.jpgDCIM0132.jpg
太巻きを食らう米田選手と寝起きの柏木選手(米田選手提供)


 6:30
 木曽道の駅発
 3人でパネルで写真を撮ったりと穏やかな出発。今日は晴れの予報で少し安心する。装備も乾いてザックも軽くなった。旧木曽駒スキー場までは約7km程。3人で別荘地を歩く。途中のトイレに僕が寄って2人には先に行ってもらった。用を済ませてスキー場を目指す。試走で来た事があるのでルートはバッチリだ。しかし進めども2人の姿は見えない。かなり先にいったのだろうか。ペースを上げて歩いて行くとスキー場に着いてしまった。何処かで追い越したのか?登山道へ続く林道で少し待つが来ないので、後から来た沢屋さんに2人を見なかったか聞いてみると、なんとまだ別荘地にいたという。道を間違えたのかな?先に行かせてもらう事にする。

DCIM0137.jpg
たまにはこんなのも(米田選手提供)

ijtydfiy (5)
寝坊で予定より遅れて出発

DCIM0143.jpg
柏木選手

 8:30?
 木曽駒ケ岳登山道
 登りやすい傾斜と登山道、そして久しぶりの晴天で気分も上がる。途中に山ガールのお姉さんに写真を撮ってもらう。親子登山の方と少しお話して山頂を目指す。玉の窪小屋下で山頂を視認。風も穏やかそうだ。

ijtydfiy (2)
ワレ キソコマ サンチョウ ハッケン セリ!

 11:30?
 木曽小屋を過ぎて山頂到着。沢山の人で賑わっている。ここでも写真を撮っていただいた。頂上山荘がCPとなっているので寄るとスタッフが待っていてくれた。ここでメディカルチェック。中村選手も出発するところだった。一緒に写真を撮る。メディカルチェックの結果は異常無しで少し安心。お腹が空いたので宝剣山荘へ寄ってコーラとカレー大盛りをゲット。ここのカレーは僕好みでとても美味しかった。

ijtydfiy (6)
宝剣山荘の濃厚カレー、おいしかった!

 お腹も満たされて宝剣岳へ。初めてヘルメットを被る。鎖場も特に問題無く通過して山頂ゲットして宝剣岳を通過。稜線は気持ち良く進めた。何人もの方に写真を撮って頂いたり、応援をいただいて元気いっぱいになる。檜尾岳を通過して熊沢岳の下りあたりで阿部選手に追いつく。体調がイマイチでペースが上がらないようだ。少し話をして先へ進む。

ijtydfiy (10)
応援ありがとうございます!

ijtydfiy (9)
稜線を振り返る。木曽駒ケ岳と宝剣岳があんな遠くに。

 16:30
 木曽殿山荘
 何か食べる物と思って小屋へ。ご主人に言うと、今夕食の配膳中だから、とちょっと忙しそう。タイミングが悪かったと思いペットボトルだけ頂いて小屋の外へ。すると女将さんが出て来て、山菜ご飯ならすぐ出来るよと言ってくださった。しかし忙しい中申し訳ないので丁重にお断りしてベンチで休憩。すると阿部選手が追いついてきた。トイレをお借りしてさあ行こうと御礼を言いに小屋を覗くとなんと阿部選手が山菜ご飯山盛りを手にしているではないか!ちょっと待ってそれ何!女将さんがお兄さんも食べて行きなさいと言ってくださる。一度断った手前何ともバツが悪い、暫く葛藤するがご飯の魅力と女将さんの優しさに甘えて頂く事にする。器山盛りの山菜ご飯、タダでいいんだけど、それだとルール違反なんでしょ、と女将さん200円だけでいいと言ってくれた。阿部選手と山盛り山菜ご飯を1.5杯食べてお腹いっぱい。お礼を言いに山荘へ行くと、ちょっと怖かった御主人もにっこり笑って見送ってくれた。優しさに涙が出そうになる。

 17:20
 空木岳への登りへとりかかると木曽殿への下りに米田選手が見えた。大声で呼ぶと応えてくれたのでゆっくり米田選手を待ちながら登る。山頂手前のピーク辺りで三人合流。一緒に空木を目指す。山頂付近では御嶽山の雄姿と、僕の心の山、白山が見えた。何と美しい姿だろう。雲に浮かぶその姿は本当に美しかった。やっぱり白山は最高の山だ。2人に白山を自慢しながら、寒い中待っていてくれた後藤カメラマンに写真を撮っていただく。日暮れ前の、雄大な景色にしばし見とれる。

ijtydfiy (3)
木曽殿小屋を後にする阿部選手

ijtydfiy (4)
空木岳へ進む米田選手

ijtydfiy (7)
明日登る予定の南アルプス。長大な山々のシルエット

ijtydfiy (8)
幻想的な風景。右は御嶽山

ijtydfiy.jpg
僕の大好きな白山がその美しい姿を見せてくれた。


 18:15?
 空木岳
 これで中央アルプスをクリア。後藤カメラマンに3人の写真を撮ってもらって下山。駒峰ヒュッテを通過する時、宿泊者と小屋の方総出で拍手をいただいた。これには感動!頑張って太平洋目指します!ありがとうございます!
 阿部選手はペースが上がらないのでビバークするかもとの事。米田選手と先へ行かせてもらう。池山尾根は長く長く辛い。途中僕の両脚、太腿に少し違和感が出てきた。あまり気にしないで進む。長い下山では何度もつま先をぶつけて涙が出た。ようやく登山道が終わりでも駒ヶ根まで約5kmの下山道。いい加減嫌になる。ヘッドライトに寄ってくる蛾と戦いながらようやくアスファルトに出た時は0時近かった。

 0:05
 駒ヶ根バスターミナル
 アスファルトを歩いてバス亭を目指していると、遠くにライトが光っている。同時にバス亭に何人もの人影が。なんだろうと思っていると応援の声が聞こえてきた!なんとここにもsatoさんが応援に待っていてくれた!こんな遅くまで涙が出そうになる。米田選手も御両親が出迎えてくれている。本当に応援の力は凄い。一気に元気になる。深夜なのであまりお話出来ず申し訳なかった。

 さあ、ここから関門の市野瀬まで26kmのロード。とりあえずベンチで米田選手と一息。これから市野瀬を目指すか、どこかで仮眠するか・・・。眠気はかなり来ているが歩けない程じゃない。まずはすき屋で大盛り牛丼だなと二人で納得してすき屋を目指して歩きだした。

 5日目へ

 日々練成



 
[ 2014/08/23 18:09 ] 2014TJAR | TB(0) | CM(2)

お帰りなさい。

みさごさん、こんばんわ。そしてお帰りなさい、お疲れ様でした。

みさごさんとそのご家族は、この2年間を全てTJARのために費やし、ついに夢の舞台に立たれて、本当に凄いです。いくつになっても夢に向かって努力されるお姿は尊いです。青レンジャーも大いに刺激を受けました。ありがとうございます。これからはご家族で登山とか、ゆっくりとお山を楽しまれるんですかね?またどこかでお会いできるといいですね~。

大会中、みさごさん達選手の方々が、どんな感じで走られていたのか知ることができて、青レンジャーも体感しているような感じです。TJARの公式フェイスブックには載っていないお写真も数多くあって楽しいです。4日目はようやく晴れのお天気になって本当に良かったですね。あ、宝剣山荘のカレーはまだあったんですね???10時の時点ではおでんと栗ぜんざい以外、全て売り切れでした。。。あのカレーは、選手の方々しか食せない幻のカレーですね。
[ 2014/08/23 20:16 ] [ 編集 ]

Re: お帰りなさい。

> 青レンジャーさん

 無事帰って来ました。応援本当にありがとうございました。
 寒い中待たせてしまって申し訳ありません。もうちょっとでお会い出来たのに残念です。
 2年間はこの大会のために、それだけを考えた時間でした。ですがそれももうおしまいです。これからはもっとゆっくり山を楽しみたいと思います。いつか山でお会い出来るのを楽しみにしています。

 宝剣山荘のカレーは最高でした。12時でもあったのでもしかしたら選手特別枠だったのかも?!おいしくいただきました。宝剣山荘の濃厚カレー、是非ご賞味ください!
[ 2014/08/24 21:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/671-09bf7d5c