TJAR2014 装備編 レインウェア(OMMカムレイカレースジャケット2、パンツ)

 装備編 レインウェア

 まさか一番長い間着ている事になるとは思っていなかったレインウェア。
 大会ではモンベルのトレントフライヤーが一大勢力だったと思います。実績と性能を考えれば納得ですね。天邪鬼な僕はそういった物にはあまり食指が動かず、違った物を求める悪い傾向にあります。

 OMMのカムレイカジャケット、パンツは北アルプス試走の時に初めてお会いした朽見選手が使用していて、かなりオススメだと聞いたのが最初です。それまではMarmotのレインウェアを使用していました。性能的には全く問題無かったのですが、ストレッチがないのでトレランの様に比較的運動量が多い場合では脚の上げ下げが少々苦労していました。ストレッチがあり、性能も数値上では問題無いレベル、あまり使っている人もいないカムレイカジャケット、パンツをその後すぐ購入しました。

 北陸特有の雪と雨の混じる中でのランニングで使用し、性能や使用感に問題無いと判断して山に投入。初冬の白山や風雨の中央アルプスでのテストを経てTJARへ。
 大会では中央アルプスの1日以外ほぼフルで着用。初日の立山での暴風雨でも問題なく使用出来ました。そのストレッチ性能は素晴らしく、足の上げ下げはストレスフリー。ビバーク時は着たまま寝ましたが、そこそこ保温もあって数時間の仮眠なら着たまま寝た方が色々便利。素肌に直接着ると2.5レイヤー特有の張りつき感がありますが、僕はレインウェア着用時には必ずタイツとロングスリーブを着るのでそれも解消されました。透湿性はそれなりで、ゴアには劣ります。ニクワックスで撥水処理はしていましたが、初日で撥水は全て取れてその後は濡れ放題でした。表面が比較的吸水しやすい生地なのかもしれません。

 サイジングは少しタイト目で、風雨の中バタつきが少なくて疲れにくい感じです。僕はパンツがずり下がるのがどうしても嫌だったので、パンツにはサスペンダーを取り付けました。これは大正解で、装備品の改造の中でも一番効果的でした。少々重くなり嵩張りますが、サスペンダーはオススメです。

 総評的には、ファイントラックのエバーブレスフォトンの下位互換のような感じでしょうか。それでもデザインが気に入っていますし、TJARを雨の中7日間問題無く過ごせたので大満足しています。今回酷使したのでメンブレンやプリント部にダメージが目立ちます。転倒で少し穴も。もう一度同じ物を買うかと言われればYESでしょう。いいとこ取りになって中途半端になるより、割り切って特徴に特化した製品を作るOMM、気に入ってます。

 日々練成

[ 2014/09/05 18:13 ] 2014TJAR | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/684-2534636c