初沢登り(YASUHIRO先生、大魔人さん)北ノ俣川~北ノ俣岳周回


 今日はYASUHIRO先生と大魔人さんに沢登りを教えていただいた。
 北ノ俣川から遡上して北ノ俣岳まで行く周回コース。初体験な僕はお二人の行動を見よう見まねで勉強させていただいた。
 
 朝2時に集合して飛越トンネルから4時に出発。登山道を少し登ると先生が「ここから行くか~」と何のためらいも無しに藪に突入。マジですか行けるんですかそんなとこ。あわあわしていると大魔人さんが「こんなの藪漕ぎにはいらんぞー」っと同じく突入。必死でついていく。しばらく下ると小さな沢に入り、そこから本格的に沢を下る。お二人から色々教えられながらも実技は必死で付いていくのみ。廃道に合流して藪漕ぎしながら少し進むといよいよ北ノ俣川を遡上。1時間ほど進み傾斜が急になると水も細くなってきた。特に目立つような場所も無く終了かと思ったらここから核心。滝やナメが次々現れて、アドベンチャーがラストまで続いた。次は何が出てくるんだろうという期待と、今自分が道を切り開いているといった開拓精神が湧き出て来てずっと興奮しっぱなしだった。ラスト詰めで藪に突入すると目標の北俣避難小屋にビンゴだった。流石です師匠。
 ここからは天気も最高でずっとハイテンション。TJARの時は風雨と川と化した登山道で修行の様だった行程も今日は歓喜の声を上げながら走れるトレイルに。北ノ俣岳への稜線まで登ると薬師岳がドーン。そして鷲羽水晶、勿論槍穂、笠もくっきり見えてお腹いっぱいっぽい!そして振り返れば最強美人さんの白山が微笑んでいた。もうテンションMAXで写真とりまくり。

 今シーズンはずっと雨の山だったので今日は本当に「生きてて良かった!」と思える山行だった。そして仕事が忙しすぎる大魔人さんは「仕事休んで良かった!」であった。
 帰りに「しまだ」さんで激盛りオムライスをご馳走になる。大盛りだけでなく、味もおいしい。これは完全リピート確定です。
 
 YASUHIRO先生、大魔人さん、今日は一日ありがとうございました。

 今日の格言 
 YASUHIRO先生「これが、成熟した大人の登山」

 日々練成

 P1030267.jpg
藪漕ぎ開始

P1030285.jpg
快適沢登り

P1030300.jpg
終わりかと思いきやナメ出現

P1030304.jpg
滝も出現

P1030331.jpg
登る登る

P1030337.jpg
何度も滝が出現

P1030294.jpg
巨大ナメ

P1030345.jpg
快晴、北ノ俣岳への道、大魔人さん。

P1030347.jpg
YASUHIRO先生も行く。

P1030356.jpg
薬師岳と大魔人さん。

P1030358.jpg
僕もポーズ

P1030360.jpg
美人さんの白山、いつ見ても綺麗ですね~



 
[ 2014/09/17 23:06 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/696-4b7ed83f