FC2ブログ






好事魔多し


 サッカーというスポーツは本当にドラマチックだ。特に大一番となるとありえないようなドラマが起こる。
 昨日はJリーグのJ1昇格プレーオフの準決勝が行われた。J2、いわゆる2部チームが1部に上がるためにJ2上位チームでプレーオフをするのだ。その準決勝でドラマは起こった。
 ジュビロ磐田とモンテディオ山形の試合、試合は1-1のままアディショナルタイム(ロスタイム)へ。同点のままだとリーグ戦上位の磐田が勝つという状況、時間はもう2~3分しか残されていない。山形のコーナーキックの場面。ここで本来は守備専門のキーパーが相手陣内へ攻撃のために持ち場を離れて攻撃参加。蹴られたボールはキーパーのヘディングによってゴールへ吸い込まれ2-1となり、これが決勝点となった。直前まで勝利間近だった磐田は敗退、敗色濃厚の山形は大逆転で勝利となった。

 最後まで諦めないという必死の姿勢が勝利を掴んだシーンだった。どんな状況になっても諦めない、最後まで生きた気持ちがドラマを生み出したのだろう。逆に磐田は勝ちが目の前の状況で油断があったのだろうか。

 全てが決まるまで気を緩めてはいけないという戒めのように思えた。
 
 好事魔多し、努々忘れるなかれ、ですね。

 戯言:久しぶりに腹筋ローラーをしたら腹筋が大変な事になってしまった。

 日々錬成

 
[ 2014/12/01 06:24 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/770-f0a0bbd1