FC2ブログ






白山 ハライ谷 スキー滑降


 白山のハライ谷へ。
 思いがけず前日に休みが決まったので山へ行こうと思ったが天気はイマイチだ。どこか練習になる場所をと探して白山の加賀禅定道にあるハライ谷を滑る事にした。
 通常は一里野温泉スキー場からゴンドラを使って山頂駅から稜線沿いに歩きシカリ場からハライ谷を滑るルートだがゴンドラなぞ使う訳もなく下からアプローチ。

 5時過ぎに一里野方面へ向かうと雪が激しく降っていて除雪車が何台も出ている。何度もすれ違いで
止まりながらスーパー林道の入り口を目指すがスキー場過ぎで完全に雪で埋まっていて通行不可。仕方なくスキー場に車を停めて道路を歩きだす。すると除雪車のドライバーがこの先の道路は雪が落ちていて急な方勾配で歩いても進めないという。マジかどうする。予定していた檜倉北尾根の取付きを末端の道路からではなく尾根の末端西側から取り付いて登る。最初は雪が降っていてガスもかかって気分もイマイチ。

 ラッセルは脛ぐらい。しばらく登ると予定通り導水管に当たったので導水管沿いに登る。しばらくは歩きやすい登りだったが1050のトラバースは苦労した。ピークを巻きながらルートを取って檜倉の合流地点のコルへ。ここから太陽と青空が広がり真っ白な尾根と樹氷が素晴らしい風景が広がる。時折現れる樹氷の森はさながら不思議の国。写真を取りながら美しい景色に癒される。どこか白鳥山に似た雰囲気だった。

 出発から約5時間でシカリ場分岐に到着。ピークからは素晴らしい白山加賀禅定道の大展望。清浄ヶ原も広がっている。白山北方稜線の山々もバッチリ。しばし景色に酔いしれて滑降準備。弱層テストは問題無し。とはいえ一人なので谷ド真ん中は避けて尾根沿いの安全地帯を滑る。あっというまに800まで滑る。ここからシールを貼って登りの尾根へトラバース気味に合流。あとはトレースを下って駐車場まで。スタートから7時間でした。

 日々練成

 1
導水管の尾根へ乗り上げる

3
青空が出てテンションも上がる

4
遠くの景色もはっきりと

5
北方稜線の山々

6
純白の尾根

7
素晴らしい 中央右がシカリ場ピーク

8
純白の樹氷 白い恋人

9
樹氷の森を進む 不思議の国

10
ピークからは白山加賀禅定道の大展望

 
[ 2015/01/18 19:07 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/818-d32cc07d