La sportiva Raptor (ラスポルティバ ラプター) トレイルランニングシューズ

La sportiva Raptor (ラスポルティバ ラプター)
またスポルティバ社のシューズ。なんだかんだで結構好きです。

現在adidasのトレラン入門用シューズ、Incision TRを使っている。値段が安く入門用としての性能は申し分ない。これで白山タイムトライアルや荒島岳海抜0mチャレンジなど数々の挑戦を完遂してきた。しかし国見岳ランのとき左足底部の第一中足骨外側を痛めてしまいしばらく走れなかった。僕はかなり幅広の足(3E相当)であるので、Incision TRは細すぎたのかもしれない。だけどこのタイトなフィット感は僕にいい影響を与えてくれた。

そろそろ本格的にロング用のトレランシューズをと考えていたが、スポルティバ社のシューズが評判良さそうなので試してみることにした。

La sportiva Raptor (ラスポルティバ ラプター)
スポルティバ社のトレランシューズラインナップの中でも鉄板モデル。クッション性、グリップ性、フィット感、全てにおいて高次元でバランス良く作られている。これを選んでおけば間違いないと、信州トレマンさんも言われている。TJARを完走した実績もあるシューズだ。
ならばと海外通販で探してみると、一昨年モデルが激安で売られていた。同じスポルティバ社のXカントリーと合わせて買っても送料込で2足14,000円を切る。直ぐにポチっと購入。サイズは大体見当がついている。ラプターは長距離用として足が浮腫む事を考え、o.5サイズ上げた。
およそ1週間で到着。関税は無し。

早速履いてみる。
つま先は余裕があるが、母指小指周りはピタッとフィットし、甲も適度にタイト。土ふまずはしっかりとしたアーチサポートがある。特筆すべきはそのヒールカップ。素晴らしいフィット感。カチッと固定される感じだ。つま先で蹴り出す様な急な登りでも踵が浮く事はない。
つま先はかなり厚めのラバーでガードされ、サイド部分もPU素材で2重に補強されている。ヒール周りはカーボン調のプラスチックパーツでしっかり固定&補強がされている。メッシュ素材は目が細かく、それほど通気性はあるように見えない。

クッションは厚く、衝撃吸収は十分だ。しかし必要以上にふわふわせず、着地が不安定になる事はない。
ソールはお得意のインパクトブレーキシステム。ブーツのトランゴアルプで経験済みだが、このソールのグリップ力は凄い。これがラプターにも搭載されている。FRIXONシステムの上から2番目に粘着性の高いコンパウンドと相まって素晴らしいトラクションを発揮してくれるだろう。その分耐久性は犠牲になるだろうか。

長距離を履いてはいないが、足を入れた感じのフィット感はとても良い。少しタイトな方がズレが無く、マメが出来ずに結果長く走れる。速くトレイルを走ってみたい気にさせるシューズだ。

日々練成

spol01.jpg
イエロー&ブラックのカラーリングがぐうカッコイイ。このカラーは現在日本では販売されていない。
それほど細いワイズではない。3Eの僕も気持いいフィット感。つま先はワイドで余裕があり、甲部分は低く抑えられている。


spol02.jpg
素晴らしいフィット感のヒール周り。カッチリ固定されて踵が浮く事はまずないです。カーボン調のパーツが剛性感と高性能さを演出している。

spol03.jpg
スポルティバの傑作ソール、インパクトブレーキシステムがトレランシューズにも搭載される。トレイルを選ばない走破性は頼もしい。アーチサポートとスタビライザーが捩じれを防止して疲労を軽減、怪我のリスクも減らしている。粘着性の高いコンパウンド故の耐久性は未知数だ
[ 2013/01/08 20:30 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/84-cc34f05c