たらのめっ


 最近はすっかり日が長くなった。完全に春ですな。
 先日サッカーの帰りに歩いて帰宅していたら、家のすぐ近くにある雑木林にタラノキが群生してるのを発見した。木の高さや、枝分かれしていない状態からいっても、ここに生えてからはほとんど新芽を取られていないのだろう。
 タラの芽は山菜の中でも特に美味しく、山菜の王様と言われている。ゆえに山菜採りの対象になり、新芽を根こそぎ採っていく人もいる。新芽を全て採られるとそのタラノキは枯れてしまう。通常は一番上の新芽を採り、横に生える新芽は採らないようにするのがマナー。でもそういうのを考えないで採ってしまう人が多く残念だ。

 この場所は住宅造成地との緩衝帯として設けられた場所だったが、10年以上前に造成がストップしてからは雑木林と化している。年に一度町内会で歩道にはみ出した枝や草を刈っているが、まさかタラノキが群生しているとは思わなかった。まだ新芽は出ていないようだが、後1週間もすれば美味しそうな新芽が出てくるだろう。マナーと決まりを守って春の味覚を楽しむとしましょうか。

 日々練成


 
[ 2015/03/25 06:40 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/884-4d7ab914