体育館階段ラントレ&つぶやき(荒島岳での遭難について)

今日は雪、みぞれで路面も濡れていたので久々の体育館階段ランとした。
スポルティバのラプターを初投入である。
走り始めは足当たりが少々きつく感じ、若干痛みも出たようだがしばらくして消えた。良好なホールド感でクッション性もいい。グリップは体育館なので割愛する。早くトレイルを走ってみたい。
90分を心拍数140前後で走った。どんなに寒くても室内だと汗が出る。やはり風は体温を相当奪うのだろう。
ストレッチをして家へ。膝と脚のアイシングをしなかったのがミスだった。トレーニング後のケアも同じくらい大事な要素だ。忘れないようにしたい。
少しずつだが走る時間を延ばしている。走行時間1時間超えは当たり前になってきた。最初はきつかったこの時間だが、最近は当たり前に感じる。まだまだ足りないが、少しずつ進むしかない。先は長く、険しいのだから。

日々練成


ここからつぶやき

朝夜勤明けでニュースを見ると、なんと荒島岳で昨日夜から2人が遭難と出ている。ネットで調べるとどうやら福井市内在住の方らしい。詳細な情報は割愛するが、救助された時にはすでに1名の方は亡くなられていた。ご冥福をお祈りします。
さて、昨日の天候を考えるとたとえ1500mクラスの山であれ登るのはどうなのだろうか。
荒島岳は独立峰で気象の変化が激しく、頂上付近は険しい地形もあり、ここ数年死亡事故や遭難が毎年のように発生している。
昨日の天候で登るというのは、はっきり言って判断ミスだ。どれだけ自信があっても、山、自然に対して謙虚でなければならないという事を改めて認識させられる事故だった。
危険である事を忘れないうちは安全である。忘れるなかれ。
[ 2013/01/15 19:07 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/91-e853b85d