FC2ブログ






富士写ヶ岳 2発


 白山の翌日で脚は重いかなと思っていが、朝起きたらそれほどでもなかった。天気がいいのに家に居てもしょうがないので富士写ヶ岳へトレーニングへ。今日も2本の予定。

 吊り橋へ行くと沢山の車が止まっていた。平日なのに相変わらず人気だ。開いているスペースに車を停めて準備しているとガサガサ草むらから音がする。何だろうと目を向けるとひょっこりキツネが姿を現した。前回来た時もいたキツネだ。登山者が餌をくれる事を覚えているのだろう。それほど警戒もせず近くまで寄ってくる。持っていたパンを投げてやるとバクバク食べた。

 準備して吊り橋スタート。今日はそこまで追い込まず50分切りのペースで。登り出しは少し脚が重かったが汗が出てくればペースも上がってきた。心拍は170後半維持で。中盤過ぎのロング急登がキツイ。ここは頑張りどころ。これを過ぎれば稜線からの展望も楽しめる。何人かの登山者と挨拶して山頂へ。47分。ボチボチのペース。山頂は10人程で賑わっていた。

 一本目下りで前方からただならぬ気配。新緑に映える青と白のシャツ!なんとMH.TRCの山口君が登ってきた!なんたる偶然。たまたま当初の目的を変えてこちらに来たという。こんな事もあるんですね。後で合流しようと山口君は山頂へ向かい僕は2本目のため一時下山。車に戻って水分を補給して再出発。2本目は流石に脚が重くなってきた。中盤過ぎで山口君と合流しそのまま二人で山頂へ。山口君さすが早かった。2本目は49分と少し遅れた。山頂で登山者に2人の写真を撮っていただいて下山。無事車に到着。山口君ありがとうございました。

 帰りは山口君が寄った茅野の大杉前にある茅野大杉茶屋さんで草団子をお土産に購入。お参りした茅野大杉はゾクっとくるような神秘的雰囲気でした。

 日々練成

 rhnbo (2)
 キツネたん。ホントに野生かお前?

rhnbo (3)
 偶然会った山口君と山頂にて。

rhnbo (4)
 快適トレイル富士写ヶ岳

rhnbo.jpg
 茅野の大杉 ゾクっとくるぐらい雰囲気ありました。
[ 2015/04/27 19:59 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/917-05f2f62d