次期レインウェア探し


 本格的な梅雨入りとなったようで連日雨が続く。
 雨といえば、ずっと愛用している以前紹介したOMMのカムレイカジャケット。完全防水ソフトシェルでそのストレッチ性は素晴らしくTJARでもずっと使っていた。特に登りでは膝の上げ下げが苦にならず、運動量の多い山行ではとても重宝していた。しかしここ最近どうも撥水が弱くなってきてしまったようだ。何度も撥水剤に漬けたりアイロンかけしたりしたが、雨に当たると30分程で表面生地に染みて来てしまうようになった。裏地の透湿防水素材は大丈夫なので水が浸みてくる事はないが、表面が保水してしまうと透湿が出来ずに蒸れてしまう。そうなると雨が浸みると同じくらい内側から濡れてしまう事になる。撥水は透湿素材の命なのだ。

 どうにか撥水を復活させようと色々方法を試したがどうもこの表面素材の限界なのかもしれない。やはり多少のストレッチ性を犠牲にしても撥水が持続する方が超長時間の山行では有利なのかもしれない。しかしストレッチのストレスフリーもやはり超長時間の山行では捨てがたいポイントだ。
 軽量かつ防水透湿性と協力な撥水性。そしてストレッチ持つ次なるレインウェアを探さないといけないかな。勿論鉄板モデルは各あれど人が使っているのはイマイチ買う気になれない。こうして僕のウェア探しは迷いの森へと入り込んで行くのであった。

 日々練成



 
[ 2015/06/27 06:09 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/978-c1eeecec