FC2ブログ






ありがとう羊蹄山


ついに来た約束の地。
激パウとはいかなかったけど、それでも格の違いを堪能。楽しすぎてあっという間の1日だった。アテンドしてくれたO田さん、Sオリさんに感謝。コーディネートとしてくれてamatchさんには足が向けられません。休暇はまだまだつづく。ありがとう羊蹄山。

日々練成

20190223195130590.jpg
北海道の朝はカツゲンから始まる

2019022319513102b.jpg
ありがとう羊蹄山。また来るよ。
[ 2019/02/23 19:54 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

銀杏峰 志目木谷(山スキー)


 以前から約束していた乾さんとの銀杏峰へ山スキーへ。
 ずっと行きたかった志目木谷。銀杏峰の山スキーといえばこの谷がメッカだ。何度も銀杏峰に来ているけど実はこの谷を滑ったことはない。単独で谷を登るのは怖いし、尾根沿いに登ると谷の上部しか見ることはできない。登るときに見えない斜面を滑るのは怖いのでなかなかチャンスがなかった。今回、白山北部管理人の乾さんがこの谷を案内してくれるというのでインスペクションを兼ねて志目木谷を登ることにした。

 ここ数日続いた暖かい日でおそらく山の雪はやられてしまっただろう。朝6時に集合して腹ごしらえをしたら谷の末端である水車小屋へ。もう見るからに雪はない。例年5月のGWより雪はないかもしれない。7時に水車小屋をスタート。登り出しから雪はグサグサでそこらじゅうに地面が見えてる。林道はコンクリが見えているし時々割れているの状態だ。右手に見える堰堤からはザーザー水が出ている。とても谷が埋まっているとは思えない。
 末端の堰堤を過ぎて橋に到着。本来ならこの橋からダイレクトに谷を登るのだけど全く雪はなく谷がばっちり出ている。仕方なく右岸を行く。激藪で進まないし、そこらじゅう雪切れで前に進むのも難儀だ。1時間半ほど登ったところで志目木谷の二股が見えた。遠望するが更に雪はなく繋がっていない。これはもう無理だ。乾さんと話して地形や谷の感じをインプット。今日は来シーズンの偵察ということで終了。シールのまま来た道を戻る。
 
 杉の枝やブナの実でシールが汚れまくり。おまけに帰りの林道を滑っていたら石でソールをやってしまった。途中ストックの先端を落とすアクシデントまであって(無事回収)最後まで気が抜けない山行だった。

  山では虫も出ていたし木々は芽吹いている。鳥が魚を探して谷を飛んでいたのですでに自然は春のようだ。乾さんが言っていたが、亥年は雪が少ないらしい。12年前も雪不足だったとか。自然は年の獣に優しいのかな。そういえば猪の足跡がたくさんあった。今年は低山での山スキーは終了かな。
 来シーズンに向けての課題が出来た。偵察すれば地形や危険個所も良くわかった次は滑る事が出来る。そう思えば悪くない。
 案内してくれた乾さんありがとうございました。今年も登山道整備手伝います。

 そうそう、乾さんが提唱した白山サミット(山頂でなくて会合)が3月に開催されます。白山北部の登山道を中心にどうやったら素晴らしい白山と共生できるか。お互いの意見を発表する場が設けられました。興味のある方は是非ご参加ください。

 詳細は乾さんのブログにて

 日々練成

IMAG4389.jpg
 水車小屋にて。乾さんよろしくお願いします。

IMAG4390.jpg
 志目木谷下部。雪ねンだわ

IMAG4391.jpg
 右俣左俣の合流地点を望む。雪切れにつきここで終了

IMAG4392.jpg
 帰りに見た荒島岳には奇妙な雲がかかっていた

IMAG4396.jpg
 帰宅して汚れたシールを洗濯。これやらないと杉の葉の油でギトギトになるんです。


 
[ 2019/02/06 18:48 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

三方崩山北ピーク付近(盼雲山) 山スキー


 約束された好天。急遽石川県のテレマーカー達に誘っていただいて白川郷周辺へ山スキーに。
 豪雪地帯白川郷でも雪不足は深刻なようで、去年の半分ほどらしい(taro氏談)

 朝5時半に待ち合わせしてtaroさんの車で白川郷へ。今日はtaroさん、itazoさん、otaさん、店長さんに僕の5人パーティだ。目指すは三方崩北にあるピーク。三角点は盼雲山らしい。対岸にある帰雲山とどっちが本当なのか?この辺は歴史ロマンの心がかきたてられる。
 高速を降りて邪魔にならない場所に車を停めたら発電所前のスペースから尾根に取りつく。前日に降雪があったみたいだが出だしは藪藪でルートをうまいこと取らないとはまってしまう。急登を1時間半ほどで登るとようやく疎林気味(それでも薮い)になってきた。尾根に乗り上げて対岸には妙法山が目立つ白山北尾根、通称念仏尾根が良く見えた。5人でラッセルをまわせば効率よく進む。otaさんは相変わらずパワフルだ。一度コルまでトラバースで標高を下げたらラストは標高差350mの急斜面を登り切って小ピークへ到着。白川郷周辺の山深い景色が美しい。北アルプスもよく見える。

 一休みして昼食タイム。風もなく空はどこまでも青い。北斜面の雪はサラサラで滑りに期待が高まる。
 滑降準備したらいよいよドロップ。いきなりのフェイスショットに雄たけびを上げながら一気に中間地点まで。ようやく今シーズン山スキーらしい滑降が出来た。皆さんのテレマークターンが美しい。5人で写真を撮り合いながらコル下のボトムまで滑り降りた。脳汁出まくりの今シーズン一の滑降だった。一度シールで登り返して途中の尾根からヨダレの出そうな斜面をもう一度ドロップ。これも最高だった。otaさんとitazoさんは勢いあまって300mほど落としたので登り返しが地獄だったらしい。
 その後はトレースを辿りながら藪を避けての滑り。日陰なので雪は重いながらも板は良く走った。ラスト100mは藪との格闘だったけど取り付きまでスキーで滑ることができた。

 ようやくシーズンインできたような気分だ。誘っていただいた皆さんありがとうございます。登りに滑りに喋りにThedayな一日でした。ありがとうございました!

 日々練成

1.jpeg
 発電所前からスタート

2.jpeg
 急登をラッセルする

3.jpeg
 空が近づいてきた

4.jpeg
 到着。風もなく穏やかだ。厳冬期とは思えない。

5.jpg
 山深い白川郷周辺 右端は北アルプス

6.jpeg
 昼ごはんタイム

7.jpg
 taroさんの熟練したテレマークターン

8.jpeg
 店長さんも華麗に

9.jpg
 taroさんジャンプ一発

10.jpeg
 itazoさんのパワフルなターン

11.jpeg
 切替してもういっちょ

12.jpeg
 僕もパウダースプラッシュ

13.jpeg
 otaさんのキレッキレなテレマークターン

14.jpeg
 僕ももいっちょ

15.jpeg
 お疲れ様でした!(たくさんの写真ありがとうございます)
[ 2019/01/31 06:45 ] 山スキー | TB(0) | CM(1)

三方崩山北ピーク付近 (山スキー) 速報


 今日は急遽テレマーカーのみなさんにまぜていただいて三方崩北のピーク付近へ山スキーへ。
 約束された好天と愉快なみなさんのおかげで今シーズンようやく山スキーらしい滑降をすることが出来た。
 まずは速報まで。誘ってくれたyoshiさん、Taroさん、山ぼーずさん、店長さん、ありがとうございました!

 日々練成

50995106_2282384875335596_1981000673973501952_n.jpg
 ようやくパウダー。写真ありがとうございます!
[ 2019/01/30 20:00 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

笹倉温泉から(山スキー)


 前日の新年会で寝坊して9時前に笹倉温泉をスタート。雪不足が嘘のように昨日からたっぷりと降っている。新雪は40cm近くあったんじゃなかろうか。林道を詰めてところどころをカットしながら進む。細かいアップダウンがあって帰りが思いやられる。二人共二日酔いでペースは上がらずひーひー言いながら進む。アマナ平は美しいところだ。夏はどうなっているんだろうか。バフバフの新雪でラッセルは楽だが、ガスが立ち込めてきて視界が悪くなってきたので4時間程登ったところで今日は撤収。帰りもシール滑りで最後の林道カットの部分しか滑れなかったけど楽しかったのでオールオッケー。山スキーは同じベクトルのパートナーがいてこそ楽しめる。雨宮さんありがとう。また行きましょう!

 日々練成

ktykt (1)
 先頭を行く雨宮さん。

ktykt (2)
 アマナ平は美しいところだった。

tyukt.jpg
 残念だけどここで撤収。

ktykt (3)
mgyug.jpg
 最後にちょろっと滑れた。

20190121201828664.jpg
 お疲れ様でした!また行きましょう!
[ 2019/01/22 18:33 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)